武田双雲『「ありがとう」の教科書』(すばる舎)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

今回紹介する本は、武田双雲『「ありがとう」の教科書』(すばる舎)です。

 

YouTubeフジモトのカクロンでも紹介をしました。

札幌三越で開催されていた武田双雲展に先日行きました。

ちょうど在廊されており、テレビの取材等で忙しそうでしたがすれ違うときにあいさつをすることができ、「ゆっくり見ていってくださいね」とお声がけいただきました。

 

ダイナミックな作品を拝見するなかで「感謝の心」をとても大切にされている方だと感じました。

帰り道にジュンク堂書店へと寄り、フェアとしてコーナーが設けられておりこちらの本を手に取りました。

 

そもそも感謝をすることがよくないことだと否定する人はいないと思います。

しかしどのようにすればいいのかはなかなかむずかしいものです。

 

わたしは、パム・グラウトさんの『「感謝」で思考は現実になる』(サンマーク出版)を読んでから感謝の日記を続けています。

夜に今日あった感謝を三つあげるようにしています。

スラスラと出てくる日もあれば、なかなか苦労する日もあります。

なるべく被らないように書いているとだんだん当たり前にある日常に感謝の目線を向けるようになってくるのはなかなか不思議なものがあります。

 

ただ、感謝をしましょうと言われてもその大切さは当たり前すぎて、いつの間にか忘れてしまうのではないかと思います。

 

双雲さんは「感謝は技術」(p8)とおっしゃっています。

その使い方を知れば世界はがらりと変わるとのことです。

こういうところも感謝を向ける対象になるのだと気づきが満載でした。

 

夜の感謝の日記を習慣にしてから、生きやすくなったように感じます。

感謝の気持ちを整理して述べることで自分自身が恵まれていることがわかります。

そういう心を良い状態に保っていると自然といいことが起こってくるような気がするというのは肌感として納得しています。

 

双雲さんのような感謝オタクにはまだまだ遠く、これからも感謝の修行を楽しみながら続けていこうと思います。

感謝の際は手を合わせること、礼をすることを意識していきます。

これからも感謝の習慣を続けていきます。

 

🌟心に響いた文🌟

人は「言葉→脳→行動」という順番で動き、あなたの言葉があなたの行動を決めています。

(p23)

感謝の言葉を変えると脳の認識が変わり、行動も変わっていくということですね。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


けらえいこ『あたしンち SUPER 第2巻』(朝日新聞出版)

ヨシタケシンスケ『しかもフタが無い』(ちくま文庫)

関連記事

  1. D・カーネギー『人を動かす』(創元社)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 拠り所になる言葉を探してみる

    職場の福利厚生で書籍要約サービスのflierを利用しています。要約はあく…

  3. 田坂広志『運気を磨く』を読んで、やることを見定め…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  4. セネカ『人生の短さについて』

    2021年3月22日の「フジモトのカクロン」チャンネルで紹介をした一冊です。…

  5. 堀元見/水野太貴『言語オタクが友だちに700日間…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. 渡部昇一『知的生活の方法』(講談社現代新書)

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピスト…

  7. 藤尾秀昭[監]『1日1話、読めば心が熱くなる36…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. スコット・アラン(弓場隆 訳)『GRATITUD…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP