読書の心構えは、「十を読んで一を知る」。

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

読書の心構えは、「十を読んで一を知る」。

コロナウイルスによる緊急事態宣言の影響もあり、自宅で過ごされる方も多いのではないかと思います。

そんな中あなたは何をしているでしょうか?

自己研鑽に励んでいる方も多いのではないかと思います。

今であれば、スキルアップのためにYouTubeなどの動画を活用している方もいらっしゃるかと思います。

書評動画を見かけることも多く、わたしも参考にしているのですがちょっとした注意点があると思うので、そのことについて書いて行こうと思います。

 

何かを学ぼうと思ったときに、あなたはそれを師匠から直接学びたいと思うでしょうか? それとも師匠から教わった弟子から学びたいでしょうか?

条件みたいなものがなかったら、おそらく師匠から直接教わるでしょう。

この弟子から教わるというのが、本を解説したYouTubeを観ることだと思っています。

それ自体は悪いことではないのですが、本来であれば一級品であるはずがお弟子さんというフィルターを通すことにより大事なところが抜け落ちてしまっている可能性があります。

直接教わればその抜け落ちるリスクは減るでしょう。

その人の息づかいを感じることでより吸収できるところもあると思っています。

 

一般に要約というのは補助で使うべきです。

その本が読むべきに値するのか、といった判断材料に使うべきです。

要約というのは本で言いたいことのエッセンスであり、要約した人のフィルターを逃れることはできません。

具体例が大事ではなく、具体例を通して言いたいことがなんなのか読み取ることが大事ですが、本に直接当たらないとどうして例を出してまで伝えたいかはわかりません。

要約というものは「一を聞いて十を知る」ような気分にさせてくれますが、それよりも大切なことは本を読んで「十を読んで一を知る」ことなのではないかと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


文章はラブレターを書くように

物事は小さく始めてみる

関連記事

  1. 入院してます

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. おすすめの本を聞くのもいいのだけれど、

    「いま、この家には何冊の本があるのだろう?」と突然疑問が湧いてきました。…

  3. 本を読む目的はなんですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本を…

  4. 5分という絶妙な紹介時間

    今回は読書会での本の紹介時間について書いていきます。「本を語る、人と繋が…

  5. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  6. 読書家におすすめ本を聞かない方がいい

    4月に入って体調のいい日が続いています。ちょっと調子のいい感じがずっと続…

  7. 問いを通して対話を深める

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。内沼…

  8. 読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?

    読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?2020年4月20日に…

Twitter でフォロー

PAGE TOP