物語は誰にも書ける

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

最近始めたことがあります。

それは物語を書くことです。

ほんの短い数分で読めるものです。

ジャンルとしては掌編小説という扱いになるのかなと思います。

きっかけは、小川洋子 河合隼雄『生きるとは、自分の物語をつくること』を読んだことがきっかけでした。

自分のためというわけでも、かといって読者のために書くとは言い切れない小川さんが出した結論は作家さんにとって「なぜ書くのか」というのは、「なぜ生きるのか」と同じ問いだと結論づけました。

生きる意味とか理由をずっと探しているようなわたしはもしかしたら書くことで何か見えてくるものがあるんじゃないかと思いました。

明確な伝えたいメッセージがあるから書いていくというのではなく、深層心理からこんこんと湧き上がってくる発想に任せて書いてみようと思います。

読んだ人が「はい、おしまい」で終わるだけではない、何か感じるようなものをかけたらいいなと思います。

作品はnoteで公開しますのでよければご覧ください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


ストレングスファインダー勉強会「規律性」に参加しました!

松浦弥太郎『ふたりのきほん100』

関連記事

  1. 何を持って本は読んだと言えるのか?

    コロナウイルスの影響で家でのんびりする時間が多くなっているという方も多くなっ…

  2. 一周まわって「アウトプットはしても良いもの」とい…

    本が好きです。特定のジャンルを好んで読むというよりは、面白そうと思った本…

  3. 4月23日は「世界本の日」、本を読もう

    4月23日は「本の日」には本を読もう今日は世界本の日です。「本の日」…

  4. 名言を探すように読んでみるのもあり

    こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます…

  5. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  6. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  7. 速読って本当に必要ですか?

    速く本を読めるようになりたいという人はたくさんいらっしゃると思います。実…

  8. 読書会には思いがけない本の出合いがあるかもしれな…

    読書会を運営するようになってから4年が経ちました。色々な人と本との出合い…

Twitter でフォロー

PAGE TOP