生と死を考える

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

2023年11月末に城崎温泉に行きました。

そちらで、志賀直哉『城の先にて』(本と温泉)を購入しました。

「本と温泉」は1913年の志賀直哉来湯100年を機に立ち上げられた出版レーベルです。

志賀直哉が山手線の列車事故の養生で、城崎へとやってきました。

温泉に入りと養生をしますが、散歩をするとさまざまな出来事に遭遇します。

蜂が死んでいると思えば、仲間の蜂は意に介さず飛んでいます。

棒に括られた鼠が泳いでいるのを見ては、助からないのに懸命に泳ぐ姿と生きることを重ね合わせます。

イモリを脅かそうと思って石を投げると当たって死んでしまいます。

それを列車事故に遭っても生き残った自分と重ね合わせます。

“生きている事と死んで了っている事と、それは両極ではなかった。それ程に差はないような気がした”

志賀直哉『城の先にて』(本と温泉)(p27)

とあります。

わたしのモットーのひとつは「よりよく生きる」です。

それがどういう状態なのか明確に言葉にできる自信はありません。

ただどんなに一生懸命に生きたとしても人間の最後は死です。

死がバッドエンドとするならば全人類生物が必ずそうであるのはなんだかパッとしません。

どれくらいまで生きるかわかりませんが、死ぬまで生きることが良い死を迎えるためには必要なのではないかと今は思っています。

 

志賀直哉は文章のお手本としてもよく取り上げられています。

他の作品も読んでいきたいです。

 

https://books-onsen.com/

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


表現する手段に制限をかける

第123回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」開催しました。

関連記事

  1. 『使いみちのない風景』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  2. 秋峰善『夏葉社日記』(秋月圓)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  3. まわり道をすることでたどり着く場所

    今回紹介する本は、大竹英洋さんの『そして、ぼくは旅に出た。』(文春文庫)です…

  4. 動機はなんだっていい

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  5. 川代紗生『私の居場所が見つからない。』(ダイヤモ…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  6. 信念を貫くために空気を読まない

    わたしは紙の本のほうが好きです。地下鉄等での移動の際はわざわざカバンから…

  7. 目の前の人にたいして誠実であること

    最近ではオンラインで参加できるイベントも増えました。本関係のイベントはチ…

  8. 魂の赴くままに生きる

    今回紹介する本は、坂爪圭吾さんの『やりたいことをやるために、好きなものを好き…

Twitter でフォロー

PAGE TOP