信念を貫くために空気を読まない

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

わたしは紙の本のほうが好きです。

地下鉄等での移動の際はわざわざカバンから本を取り出すのが面倒なのでスマホで電子書籍を読むことが多いです。

最近は新しい電子書籍を買うのは漫画くらいなので、再読をしています。

 

今回紹介するのは、青木真也さんの『空気を読んではいけない』(幻冬舎)です。

著者の青木さんは出版当時、ONE FCの世界ライト級王者となっています。

今なお第一線で活躍されているようです。

 

わたし自身は格闘技に特に思い入れがなく、どうして買ったのかなと思いましたが、編集が箕輪厚介さんでした。

著者で本を買うということは多いですが、最近は編集者で本を選ぶということも多くなってきました。

その走りだったように思います。

 

格闘技の世界で活動していくのは大変な道です。

多くの人がアルバイトを掛け持ちしながらやっていることは素人のわたしでも知っています。

格闘技のチャンピオンになっても生活が保障されていることはありません。

その過酷な環境下で生きていくには何が必要か?

それは周りに流されずに信念を持って判断し生きていくことだと感じました。

業界の慣習を疑ってみることが大切です。

おごったり、おごられたりは本当に必要なのか?

セコンドについてもらったときのお金をなあなあにして良いのか?

他がそうしているから自分もそうするというのでなく、自分が納得した上で行動することが大切です。

その中で時として人から「空気が読めないやつ」と後ろ指をさされることもあるかと思います。

しかしそこで自分の考えを曲げて行動し、思うような結果を得ることができなかったときに結局後悔するのは自分です。

 

「空気を読まない」行動をするのが大事なのではなく、自分の主張に反してまで行動をする必要はないと受け取りました。

なんとなくやっている行動を疑ってみることです。

もしかしたら日々の生活の中でも毎日そうしているからそうしているという行動があるのではないかと思います。

常識や習慣を疑ってみることが大切だと感じました。

 

自分らしさというものはどんどん増やしていった先に見えてくるものではないと感じました。

自分に必要でないものを削ぎ落としていった結果残ったものが大切にすべき考えや物なのだと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


目の前の小さな一歩を積み重ねていく

おもしろいと感じる自分がいるかどうか

関連記事

  1. まわり道をすることでたどり着く場所

    今回紹介する本は、大竹英洋さんの『そして、ぼくは旅に出た。』(文春文庫)です…

  2. 松浦弥太郎『いつもの毎日。衣食住と仕事』(集英社…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  3. 桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  4. 大竹昭子 随想録『スナップショットは日記か? …

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 自分の中の正義と悪を認める

    今回紹介する本は、やなせたかしさんの『ボクと、正義と、アンパンマン』(PHP…

  6. 『Brown Book vol.9』

    今回紹介する本は、『Brown Book ブラウンブック vol.9』です。…

  7. 上田信治『成分表』(素粒社)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. 長島有里枝『背中の記憶』(講談社文庫)

    今回紹介する本は、長島有里枝さんの『背中の記憶』(講談社文庫)です。第2…

Twitter でフォロー

PAGE TOP