時間があったら考えて書く

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、「時間があったら考えて書く」ということをテーマにしていきます。

時間があるときにあなたは何をするでしょうか?

わたしは本を読みますと言いたいところですが、最近は「書く」ことに力を入れています。

寝るまで時間があり、30分くらい時間が取れるときはブログを書くようにしています。

そうでなくても休日の時間のあるときにある程度の数の記事を書き溜めています。

「今日はたくさん時間があるからたくさん本を読むぞ!」という状況はわたしの場合なかなか読書がはかどりません。

どこまでも時間を費やすことができるという心理状態があまり良くないのかもしれません。

仕事の休憩やカフェの時間など、ある程度の時間の制限があるときのほうが読書が気持ち良くできるような感覚があります。

全くしなくなることはないのでぼちぼち読みつつ、時間をかけて書いてアウトプットできたらいいのかなと思います。

丸谷才一さんも『思考のレッスン』で同じことを書かれていました。

引用します。

まとまった時間があったら本を読むなということです。本は原則として忙しいときに読むべきものです。まとまった時間があったらものを考えよう。

丸谷才一『思考のレッスン』(文春文庫)p137

この「ものを考えた」結果、文章でアウトプットしたいです。

主にブログやTwitterでしょうか。

アウトプットをしてしっかりと脳の排水を行うことも大切ですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


「人生の100のリスト」をつくってみました

雨の音を聴きながら

関連記事

  1. 坂口恭平『躁鬱大学』(新潮社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 小川奈緒/小池高弘『心地よさのありか』

    お借りしていた本を読み終えたので紹介します。「本を語る、人と繋がる」をテ…

  3. ホームレス小谷『笑うホームレス』に学ぶ、お金に困…

    第59回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。紹介した動画はこちらです…

  4. 桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  5. 『使いみちのない風景』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  6. 東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 岸田奈美『家族だから愛したんじゃなくて、愛したの…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本…

Twitter でフォロー

PAGE TOP