さくらももこ『もものかんづめ』(集英社文庫)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

また、「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰や人間学を学ぶ月刊誌である『致知』の読書会である北海道致知若獅子の会の世話人もしています。

 

今回紹介する本は、さくらももこさんの『もものかんづめ』(集英社文庫)です。

 

以前読書会でさくらももこさんのエッセイを紹介していただいてずっと興味を持っていました。

まずは王道からということで有名なこちらを手に取ってみました。

さくらももこさんと言えばなんといっても『ちびまる子ちゃん』の原作者です。

こちらの本にもところどころ挿絵がありました。

『ちびまる子ちゃん』はコミックエッセイとして、実在する家族というよりはデフォルメされたり、脚色されている部分があるとのことでした。

祖父さんが亡くなったときのエピソードがなかなか黒い部分があってわたしはおもしろかったです。

おもしろいことが書ける人の元には何かしらのおもしろいことが起こっているのだと思います。

しかし、それ以上にその起こった出来事を覚えておいて上手に伝えるということができるのがおもしろいことを書ける人なのかなと思いました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』(文春文庫)

2022年2月に読んだ本

関連記事

  1. 角幡唯介『極夜行』(文春文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 末吉宏臣『弱火でトロトロ書くように』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 心の在り方を考えてみる

    今回紹介する本は、名取芳彦さんの『気にしない練習』(三笠書房 知的生きかた文…

  4. ホームレス小谷『笑うホームレス』に学ぶ、お金に困…

    第59回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。紹介した動画はこちらです…

  5. SATORI『別世界』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  6. 自分を支える杖を大切に

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. 竹田信弥『めんどくさい本屋 100年先まで続ける…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  8. 渋沢秀雄『散歩人生』(電波新聞社)

    今回紹介する本は、渋沢秀雄さんの『散歩人生』(電波新聞社)です。2022…

Twitter でフォロー

PAGE TOP