読書の方法知りたくないですか?

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

本の読み方は自由です。

でも、学校教育の影響でしょうか?

最初から最後までしっかりと読まないといけないと思っている方は多いのではないでしょうか?

本はどこから読んでもいい

結論から言うと、最初から最後まで読んでもいいし、読まなくてもいい。

これがわたしの今現在の考えです。

わたしにとって「読んだ本」の定義は、その本から得たい情報が得られたという状態です。

なのでページ数が同じでも読み終わる早さは全然違います。

小説は「楽しむ」ことを目的にすることが多いので、最初から最後まで読んでいます。

一方で、ビジネス書は知っているところはどんどん読み飛ばしています。

いきなりそれをやるのは大変です。

それならば、まずは読書の方法を学んでみることです。

わたしは、読書法に書かれた本を読むのも好きなので、今後いろいろ紹介していきたいと思います。

読書の方法

今日紹介するのは、久木田裕常「読書の方法〜自分を成長させる読み方〜」です。

これからの読書の3つの常識
①面白そうなところから読む
②必要なところだけ読む
③1つ知ったらそれ以上読まない

わたしも今はこの本の読み方をしています。

①最初から読まないといけない
②全部読まないといけない
③すべてを知らないといけない

と思っている方に是非一度読んでいただきたい一冊です。

そして、読書会でお会いしましょう!

今日のオススメ

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


自分の強み知っていますか?

弱さは強さにもなる。

関連記事

  1. あなたに伝えたいことがある。

    わたしは昔から文章を書くのが好きでした。好きなことに気づいたのはつい最近…

  2. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  3. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶ…

  4. 想像力で補うからおもしろい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をして…

  5. 長島龍人『お金のいらない国』

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 書評を書くのは「ひとり読書会」

    わたしは書くことが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@sho…

  7. 自分の手でどうにかできることに力を注げばいい

    日日是好日という生き方札幌は雪が積もり、本格的に冬に突入するのだなという…

  8. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

Twitter でフォロー

PAGE TOP