本をどうやって読みますか?

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

あなたは本の読み方を意識しているでしょうか?

何のこと? と思う方も多いかと思います。

本は最初から最後までを順番に読んでもいいものであり、どこから読んでも良いものです。

小説を最後から読んだら結末がわかって面白くないじゃないか、と問われたら、そういうわけではなくて、最初からでなくても良い本もあるということであると強調をしたいです。

わたし自身あるときは頭から順番にじっくりと時間をかけて読むこともありますし、場合によってはさくっと10分ほどで一冊を読み終えることもあります。

わたしの好きな本のジャンルに「読書論」というものがあります。知見のあるような方々が「本はこうして読め」と指南してくれるような本です。

背伸びをしてお金を払って速読法を学んだこともあります。

本の読み方を色々学ぶ中で一番わたしがしっかりくるなぁと言うのがフォトリーディングです。

本を1ページ1秒で高速でめくり……と言われますが、あくまでページをめくるのは「フォトリーディング」の中のひとつのステップでしかありません。

全てをマスターしたとはまだ言える段階ではありませんが、本に対するスタンスは大きく変わってきました。

 

リードフォーアクション読書会はこのフォトリーディングの考え方、やり方を応用しています。ステップの中で他の参加者の皆様との対話を通じてより深いものにしていくことができます。

今度のリードフォーアクション読書会「なりたい自分になるための実践読書会」でも普段わたしが使っているフォトリーディングのテクニック等すぐに使えるものはお伝えしようと思っています。

ひとりだとフォトリーディング、複数だとリードフォーアクションと楽しみ方が変わってきます。

興味のある方はぜひお待ちしております!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


ガース・ウイリアムズ『しろいうさぎとくろいうさぎ』から考える、想いの伝え方

R・J・パラシオ『WONDER』を読んで考える、差別について。

関連記事

  1. 本はいつ読むべきなのか?

    これは読書家さんに聞いてみたいことでもあるのですが、いつ本を読んでいるのでし…

  2. あなたの読書のお供はなんですか?

    今日の話題は「読書のお供」です。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で…

  3. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  4. 本を読んで良かったと思える人生を送りたい

    本を読んで良かったと思える人生を送りたいそれなりに本を読んできた人間と…

  5. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  6. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  7. 何を持って本は読んだと言えるのか?

    コロナウイルスの影響で家でのんびりする時間が多くなっているという方も多くなっ…

  8. 一周まわって「アウトプットはしても良いもの」とい…

    本が好きです。特定のジャンルを好んで読むというよりは、面白そうと思った本…

Twitter でフォロー

PAGE TOP