本好きの働く未来を考えてみました

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

「井田さんのやりたいことって本屋さんじゃないですよね?」

私はそう言われてハッとしました。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

 

私のやりたいことは、本を売ることで生計を立てることではありません。

今の自分にとっては本を売ることで生計を立てるにはハードルが高いことです。

本を売ることが目的ではなく、本を読むって良いことだと伝えること、その中のひとつに本を売ることがあると捉えたほうが良いのかもしれません。

同じように考えると、読書会をたくさん開いてそれで収益を得るのが目的かと言われるとそれとはまた違うのかなと思います。

本屋さんに勤めるのも、出版社に勤めるのも、なんか違うなという感じがしています。

 

私が今まで、読書会をはじめ本で何かをすることにこだわっていたのは、本に助けられた過去があるので、本に対する恩返し的な意味合いがあるからかもしれません。

どん底に落ちそうになったときに救ってくれたのは本でした。

だからきっとあなたに合った本を読めばきっと良くなる、そんなイメージです。

本を使った人助けがしたいことにようやく気づきました。

それは今の労働環境でもできることだし、むやみに転職しなければいけないということではないと思っています。

 

これからの働き方を考える

今の職場に勤めて5年目に入り、これからの働き方について考えることが多いです。

私は遠い未来を想像するのが苦手のようです。

ストレングスファンダーの結果からも、その傾向がうかがえます。

過去を振り返り、過去の延長線上に未来があると考えるタイプなのかもしれません。

 

今の働き方をいつまで続けるかはわかりません。

求められることをしっかりとこなし、できることを膨らませて唯一無二の存在を目指すのが良いのかなと思います。

これからは個の時代

これからは個の時代がやってきます。

自分という存在を商品にしていくための方法を考えていく必要があります。

人生100年時代といわれる中で、1つの企業を勤め上げれば安泰という時代は終わりを迎えるでしょう。

そういった意味でもフリーランス的な働き方にどんどん近づくと思います。

本を使った人助けをしていくためにどうしたら良いのかを考えていきたいと思います。

オススメの一冊

自己分析をするときにいつも手に取る一冊です。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


祝2周年〜札幌ゼロ読書会のこれから〜

2019/04/22 本を語る読書会@SALOON開催しました!

関連記事

  1. その本に再現性はあるか?

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. ワイン好きにワインを贈るのが、

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. いつか出合いたい思い出の一冊

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 本は「脳のサプリメント」

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書…

  5. 「読書亡羊」〜本を読むことより大切なことを放って…

    「読書亡羊」という四字熟語からあれこれ想像して書いてみます。「本を語る、…

  6. 本棚の10冊で〇〇を表現してみます

    「本棚の10冊で自分を表現する」というのをやりました。これって色々応用で…

  7. 本で人生は変わるのか?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 10連休は本を読もう!

    明日から世間は10連休ですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP