ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫)

こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、ジェーン・スーさんの『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫)です。

 

2022年9月に北海道砂川市のいわた書店に訪れた際に購入をしました。

ジェーン・スーさんのことを存じ上げておらずに装丁とタイトルに興味を惹かれました。

 

母親を亡くして20年経過したジェーン・スーさんが唯一の肉親である父親のことを知らないことに気づき、色々と話を聞いたり、出かけたりといった出来事を通して得たことが書かれたエッセイになります。

 

少なくとも生まれた瞬間から家を出るまでのことは毎日のように両親はわたしのことを見ていたはずです。

しかしその逆はどうかと言われると親のことはあまりに知らないことが多すぎるのではないかと思いました。

 

職場での性格と家でのそれが違うように人にはさまざまな面があります。

その一面すら知ることがなく、その奥底にあるものに触れることができないのはなんだか淋しいことのように思います。

 

ジェーン・スーさんは、

私が父について書こうと決めたのには理由がある。彼のことをなにも知らないからだ。

ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫)(p13)

と言います。

知らなくても知ろうとすることはできます。

少なくとも親がいなければ自分という生が存在することはありませんでした。

今ある関係を大切にしつつ、色々話を聞いてみたいと思いました。

 

ジェーン・スーさんのお母様が生前、結婚について話されていたところが印象的でした。

その人のことが死ぬほど好きだったという記憶と、お金があれば結婚は続くのよ

ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫)(p171)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


松浦弥太郎『場所はいつも旅先だった』(集英社文庫)

影山知明『ゆっくり、いそげ カフェからはじめる人を手段化しない経済』(大和書房)

関連記事

  1. 東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. SATORI『別世界』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. ブレイディみかこ『ワイルドサイドをほっつき歩け』…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  4. 末吉宏臣『弱火でトロトロ書くように』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. ホームレス小谷『笑うホームレス』に学ぶ、お金に困…

    第59回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。紹介した動画はこちらです…

  6. 桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  7. 『Brown Book vol.9』

    今回紹介する本は、『Brown Book ブラウンブック vol.9』です。…

  8. 『センス・オブ・ワンダー』を読んで、自然を感じる…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

Twitter でフォロー

PAGE TOP