複写はがきで人とつながる

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

今年の2月に参加した修身教授録読書会に参加して知った複写はがきのひかえがいっぱいになりました。

複写はがきを書くということ

 

元々は修身教授録の著者森信三先生のお弟子さんの坂田先生に読書会の感想はがきを書こうという活動から使い始めました。

複写はがきのひかえとは、薄い紙の下にカーボン紙を挟んで書くことにより、自分の書いた文章も日記のように残せる優れものです。

1冊50ページになっています。

それが今日1冊目を使い終わりました。

どんな方に今まで書いてきたかというと、読書会の感想として先に述べた坂田先生はもちろんのこと、この複写はがきのひかえを取り扱っている仏具店の方、旧友や読書会に参加していただいた方など様々です。

返事をいただけることもあります。

それが何より嬉しいのですが、なくても別にいいと思っています。

それは、はがきを書く時間というのは自分の内省を深める時間だからです。

その結果相手を変えようとかどうしようと言ったことはありません。

自分がじっくりと相手や1つの物事に考える時間が大切のように思います。

その軌跡を手元に残しておけるのが複写はがきのひかえのいいところかなと思います。

色々な方と文通してみたい

今あるつながりを大切にしつつはもちろんのことですが、色々な方とハガキのやりとりができたら面白いのではないかなと思っています。

でもはがきを書くのは住所が必要です。

まずは交流を!ということでなんか面白そうかなと思っていただいた方は、CONTACTもしくはしたのLINE@からブログの感想からなんでも送っていただけると嬉しいです。

良かったらフォローしてください!

noteもやっています

↑クリックするとnoteにとびます

読書会情報

自己紹介


やっぱり本を書きたい

何も思いつかないので、とりあえず書いてみる

関連記事

  1. 書く瞑想ジャーナリングのすすめ!

    ブログを書こうとパソコンの前にスタンバイしたものの何を書き出そうか出てこない時があります。今回も…

  2. 読書会の前日にわたしがやること。

    明日は読書会です。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書会…

  3. 読書会に参加する方の根底にあるもの

    明日の2018/09/14は読書会です。前日になると明日は何の本を紹介しようかなと悩みます。…

  4. 本のタイトルから中身を想像する楽しみ

    本棚を手に入れました。自分の身長よりも背の高い本棚です。画像は以前の本棚の状況です。本棚…

  5. 好きが得意に、専門に。

    本が好き。良い意味でいうと分野が広くて、受け皿が大きくて良いのかもしれない。でも、専門性とか…

  6. 同じことは何度も書いていい。

    書きたいという衝動はあるけれど、何を書いたらいいかわからない時がたまにあります。札幌で読書会をや…

  7. 「自分のこと」を書く覚悟

    自分のことをちょっと踏み込んで書いてみることが必要なのかなと、ふと思いました。札幌で「本を語る、…

  8. フルマラソン走りました。

    昨日はフルマラソンを走りました。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP