やっぱり本を書きたい

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

本が好きですというと、本書きたくならないの? と聞かれることがたまにあります。

自分史として書き残す

幻冬社の編集者の箕輪さんが書いたnoteを読みました。

これを読んだら自分は本を読むだけでなく、書くべきなんだと思えてきます。

これは今すぐにでもチャレンジしたい事柄です。

そしてやらなければいけない使命感がわたしにはあります。

誰かのためになる、それがわたしの使命のような気がするからです。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


わたしにとっての旗印は何か?

複写はがきで人とつながる

関連記事

  1. 休むのも仕事

    しばらく体調不良で仕事をお休みしていましたが、少しずつ短時間からですが復帰…

  2. 制限の中で

    コロナウイルス関連の話題で持ちきりですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」…

  3. 読書は目的?手段?

    昨日、ふと疑問に思ったことがあります。目的、目標と手段は混同しやすいなと。…

  4. ranunculus

    花の名前と花言葉

    花の名前と花言葉「新緑の候」という時候のあいさつがピッタリな季節に札幌も…

  5. 走るときに考えること。

    ゴールデンウィーク真っ只中ですね。いかがお過ごしでしょうか?札幌で「…

  6. 相手の想像を超えるサービスを提供するために

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 読書の魅力を伝えたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 昨日から学ぶ

    昨日は今日の延長なのだなと感じます。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(…

Twitter でフォロー

PAGE TOP