やっぱり本を書きたい

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

本が好きですというと、本書きたくならないの? と聞かれることがたまにあります。

自分史として書き残す

幻冬社の編集者の箕輪さんが書いたnoteを読みました。

これを読んだら自分は本を読むだけでなく、書くべきなんだと思えてきます。

これは今すぐにでもチャレンジしたい事柄です。

そしてやらなければいけない使命感がわたしにはあります。

誰かのためになる、それがわたしの使命のような気がするからです。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


わたしにとっての旗印は何か?

複写はがきで人とつながる

関連記事

  1. アインシュタインという哲学者。

    時間は大事。時間は大事。何回言っても言いすぎることがないことですね。何を…

  2. 気持ちのいい挨拶を心がける

    挨拶は大切ですよね、という当たり前の話を書いていきます。わたしは一人暮ら…

  3. 旅するように生きる

    お久しぶりのブログになってしまいました。現在、夏休みをもらって旅行をして…

  4. 今日も誰かの誕生日

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 自分に自信をつけるために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。一応…

  6. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

  7. 数字のキャラクターを感じる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. マインドマップ始めました

    札幌は少しづつ寒くなってきたなと感じています。足先も冷たくなってきたので…

Twitter でフォロー

PAGE TOP