1mmでも前に進む努力をする

読書会情報

読書会等のイベントはFacebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

たまに過去に書いた記事にもアクセスがあります。

どんなこと書いたっけなと確認してみると、今とは違う感覚になることもありますが、根本では考えていることは変わらないのだなと思ってしまいます。

努力とは何か?

過去の自分に感じる小さな違和感であったり、逆に変わらないと感じることに誇りを持つというか確信を持つことを成長といっても良いのかなと思います。

変化と捉えることもできますが、変わらないままの方がいいこともあります。

でも、変わらないことが打製であっては勿体無いです。

この成長のために必要なのが努力であるとわたしは考えています。

成長とは?

成長するということは目標と現実とのギャップが埋まって行く行程のことだとわたしは考えています。

要するにぼんやりとでもなりたい姿や進むべき道がないと、ぐるぐると回っているだけで進んでいるとは言えない可能性が出てきます。

そうならないためにも、小さくても目標を定めそこに進む過程が必要になってくると思うのです。

正しい方向に進む

ここで大事になってくるのが「正しい努力をする」ということです。

正しい努力とは先述した理想と現実とのギャップを埋めるための可能な限りの最大限最短距離でいける道を選ぶということです。

2点間の距離であれば直線ですね。

逆方向に進んでしまって近づくことができなくて嘆くのは、そもそも努力の方向性が間違っている可能性があります。

努力をすれば夢は叶うとおっしゃっている方はこの方向性がビシッと定まっているのだと思います。

そうやって正しい方向に進んでいるのか不安になりながら、進んでいくものだと思います。

記録と軌跡で確認

進んでいるかを確認するには何と言っても見返すことのできる記録をつけることです。

冒頭に過去記事を見返した話をしましたが、それをしなかったら過去と変わっていることに気づかなかったかもしれません。

そういう意味でもブログは資産になるのだなと感じました。

 

進んでいるかわからなくても、そのための行動をしているかどうか記録していくことはできます。

失敗していると思ったらいつでもやり直せばいいと思っています。

理想の高嶺の花を模索し続ける人生でありたいと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

音声プラットフォームHimalayaやっています!

(画像をクリックしてください!)

noteもやってます

自己紹介


本のタイトルから中身を想像する楽しみ

良い文章って?

関連記事

  1. 10連休は本を読もう!

    明日から世間は10連休ですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読…

  2. ranunculus

    花の名前と花言葉

    花の名前と花言葉「新緑の候」という時候のあいさつがピッタリな季節に札幌も…

  3. 日記を書くことは小銭の貯金のようなもの。

    わたしは毎朝モーニングページを書いています。札幌で読書会をやってます、井…

  4. 信念をどこに置くか

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 博物館はワクワクの詰まったところ

    昨日のブログにも色々と書きましたが、髪を切り、古本屋に行ったりと珍しく幾つも…

  6. 一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

    一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る質問箱というサービスを利用…

  7. ウツからの回復のために

    暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?札幌で「本を語る、人と…

  8. 書きたいことを書く

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

PAGE TOP