ブックセラピストになる。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

好きなことで生きていく

好きなことで生きていけたら幸せですよね?

そのためにどうしたら良いのか、一人でもんもんと考えたり、アドバイスをもらったりしています。

先日アドバイスをもらい、まとめたり、考えたりしている今日この頃です。

実を言うと、一人で考えった結果は、noteのブックコーディネーターとブックセラピストになる。を2017年11月に書いていました。

そして、先日の相談の結果、導き出されたのは、

「ブックセラピストになる」

というものだったのです。

好きなことを仕事に

好きなことで仕事をしたい」という思いは変わりません。

そして自分が好きなことが「」であることもきっとこの先も変わらないでしょう。

その形が、ブックセラピストという名前に落ち着きました。

しかも、過去に自分一人で考えていたことと相談をしてアドバイスをもらった結果です。

わたしのイメージするブックセラピストはわたしの中のイメージしているものが大きいので、なかなか言葉にして伝えるのが今は難しいです。

それを少しずつ言語化し概念化していくこと、つまり、自分のやりたいことやっていきたいことをかんたんにわかりやすく伝えていかなくてはいけません。

そういう意味では、ブックセラピストというのは自分で名前をつけただけでまだ誰もやっていない仕事なのかもしれません。

本をたくさん読んでいるから、偉いとか得をしたということをここでいうつもりはありません。

そもそも本を読むのは自由です。

でも、わたしは本を読んでいたからこそ、いまの人生があると思っています。

浪人生活を頑張ろうと支えになった本や、感動して身震いするような本もあれば、色々ありました。

本が苦しむ原因になったこともあれば、どん底から救ってくれたのが本であったこともありました。

本って人になんらかの作用を与えるべきものだと思うのです。

本は薬にも毒にも何にもならないことがある。

どうなるかは読み手次第です。

でもせっかくなら、オススメした本や、わたしと関わったことで少しでもそのひとの日常が上向きになれば良いなと思っています。

わたしのイメージするブックセラピストのイメージはこんなところです。

では実際どんなことをしていきましょうか?というお話をこれから少しずつ書いていこうと思います。

お楽しみに♪

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


「夜の読書会」に参加しました。

ブログをネット読書会空間の感覚に

関連記事

  1. 読書会には話し上手よりも聞き上手

    読書会で求められる1番のスキルは話し上手ではなくて、聞き上手だと思う。…

  2. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  3. 由来知っていますか?

    由来を調べるのが好きです。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会…

  4. 自分だったらどうするかを考えながら本を読む

    本を読んだ後で、一番大事なことはそこから何を学んだのかを振り返ることだと思っ…

  5. 意味のあるものにするために

    時間が余りある入院生活で何を書こうかなと考えています。札幌で「本を語る、…

  6. 何が起こるかわからないから旅なんだ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. ジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』(C…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 2020年の振り返りと2021年の目標

    今日で2020年も終わりますね。今年は激動の一年間でしたね。2019…

Twitter でフォロー

PAGE TOP