今日も誰かの誕生日

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「気分が沈んでいるときの考え方」についてです。

以前、このようなツイートをしました。

わたしは結構気分の波を感じることがあります。

調子がいいときは特に困ることはありません。

むしろ上がりすぎないように気をつけています。

 

一方の気分が沈んだときというのがなかなか厄介です。

基本的には睡眠を長めにとるようにして回復を待つというのがベースです。

 

ひとつ心がけているのは、自分が沈んだ気分の日も誰かの誕生日なんだと思うようにしていることです。

誕生日を迎えての嬉しさというのは幼少期ほどでもありませんが、それでも何もしていないのにただ迎えただけでおめでとうと言われる貴重な日はやはり大切にしたいと思うのです。

自分の気分が沈んでいるその1日も誰かの誕生日です。

どうせ祝うなら晴れやかな気分で「おめでとう」と言いたいものです。

ちょっとした心がけて自分の気分というのは変わってくるんじゃないかと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


高水裕一『宇宙人と出会う前に読む本 全宇宙で共通の教養を身につけよう』(ブルーバックス)

藤尾秀昭 監『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』(致知出版社)

関連記事

  1. 過去は変えられるし、未来はやり直せる

    挫折をした経験はありますか?わたしは心に大きく刻み込まれてるもので2つで…

  2. 棚からぼた餅とは言うけれども

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  3. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  4. 2020年の振り返りと2021年の目標

    今日で2020年も終わりますね。今年は激動の一年間でしたね。2019…

  5. 「カミのお告げ」と命名する。

    こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。…

  6. 北海道新聞『卓上四季』の書き写し始めました。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 原理原則を守れば道を外したときにすぐ気づける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  8. 本で人生は変わるのか?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP