文庫化までの時間を買いましょう

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「文庫化までの時間と読書」についてです。

 

本にも色々な種類があります。

大きな流れとしてはハードカバーのような単行本として出された何年か後に文庫本として出されることが多いです。

もちろん最初から文庫本で出されるものや、版を重ねても形の変わらないものもあります。

 

小説はこのパターンが多いですね。

数年が経ってからということが多いです。

単行本は高くても2,000円くらいでしょうか?

それに対して文庫本は数百円です。

単行本が高いから文庫本まで読むのを待つというのはなんだか時間がもったいないとわたしは思うのです。

読むことで得られる体験をたったの数百円の差のために先延ばししてしまうのはどうなのかなと感じてしまいます。

 

読みたいと思ったときがその時の本の読み時です。

なんとなくなら文庫化まで先送りにしてもいいですが、好きな著者なら単行本でどんどん買って読んでもいいのでないでしょうか?

 

ただ、文庫化されたときには解説や「文庫版あとがき」が追加されていることもあるため、それがあると気になってしまいます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


森信三『人生論としての読書論』(致知出版社)

ピョートル・ウィルコウィエツキ&ミハウ・ガジンスキ『EXPLORER’S ATLAS 探検家の地図』(かんき出版)

関連記事

  1. 読みたい本を読む

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 本好きの輪を広げるために

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  4. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 積読する前にやっておくべきたったひとつのこと

    本を買ったものの読まずに積んでしまっている本ってありませんか?俗にいう積…

  6. 紙の本のライバルは?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 本の感想は無理して書かなくていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 5分という絶妙な紹介時間

    今回は読書会での本の紹介時間について書いていきます。「本を語る、人と繋が…

Twitter でフォロー

PAGE TOP