文庫化までの時間を買いましょう

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「文庫化までの時間と読書」についてです。

 

本にも色々な種類があります。

大きな流れとしてはハードカバーのような単行本として出された何年か後に文庫本として出されることが多いです。

もちろん最初から文庫本で出されるものや、版を重ねても形の変わらないものもあります。

 

小説はこのパターンが多いですね。

数年が経ってからということが多いです。

単行本は高くても2,000円くらいでしょうか?

それに対して文庫本は数百円です。

単行本が高いから文庫本まで読むのを待つというのはなんだか時間がもったいないとわたしは思うのです。

読むことで得られる体験をたったの数百円の差のために先延ばししてしまうのはどうなのかなと感じてしまいます。

 

読みたいと思ったときがその時の本の読み時です。

なんとなくなら文庫化まで先送りにしてもいいですが、好きな著者なら単行本でどんどん買って読んでもいいのでないでしょうか?

 

ただ、文庫化されたときには解説や「文庫版あとがき」が追加されていることもあるため、それがあると気になってしまいます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


森信三『人生論としての読書論』(致知出版社)

ピョートル・ウィルコウィエツキ&ミハウ・ガジンスキ『EXPLORER’S ATLAS 探検家の地図』(かんき出版)

関連記事

  1. メッセージは読み取れなくてもいい。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  2. 人が紹介するから読書会は面白い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. あなたの読書のお供はなんですか?

    今日の話題は「読書のお供」です。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で…

  4. 読書会には思いがけない本の出合いがあるかもしれな…

    読書会を運営するようになってから4年が経ちました。色々な人と本との出合い…

  5. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 翻訳は文字の置き換えではない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 好きな本を言語化できるともっと好きになれる。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. わたしの図書館活用術

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP