7周年を迎えました

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

いつもありがとうございます。

札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾です。

 

2024年4月1日で、札幌ゼロ読書会は7周年を迎えました。

参加できる読書会がなかなか見つからなかった頃に、じゃあ自分で開催しようと思ったのがきっかけでした。

そこでまずはFacebookページを、ということで作ったのが2017年でした。

 

会の名前の由来は、まずは検索で引っかかるように「札幌」「読書会」を入れたかったのが第一です。

それだけだと既にやられている方と被ってしまうので、「ゼロ」を入れました。

ゼロは座標軸の原点です。

好きなことや大切なことを見直すきっかけになればと入れました。

元々は友だちとやっていた勉強会である「ゼロ会」に由来します。

そんなこんなで、参加していた読書会主宰の方にアドバイスをいただきながら初開催をしました。

初開催は2017年4月21日でした。

 

それから試行錯誤をしながら続けています。

 

コロナ禍になってからは、オンラインでの読書会にも挑戦しました。

遠くの方を含めてオンラインでしか会えない方もいらっしゃって刺激がありました。

ただ、自分の理想とするものには及ばず、単純に難しく感じることから今現在は中止しています。

 

なので、今はリアルの場のみでの開催としています。

もっと回数を増やしてほしい、人数を増やしてほしい、というお声はあるかと思います。

ただ、前提として、まずは自分が心地のよい環境を自分で作らないと、続けられるものも続けられないという感覚があります。

読書会を続けてきたことによって素晴らしい人たちと本との出合いがありました。

わたしが、わたしの手でこれからも続けられる方法でやっていきたいという思いがあります。

 

読書会をはじめとした活動を読書セラピストの肩書きで行っています。

本の魅力や読書の素晴らしさをこれからも伝えていきたいです。

そのための読書会であり、続けることがわたし自身の喜びにつながっています。

参加できなくてモヤモヤしている方がいらっしゃいましたら、ぜひやってみるのをおすすめします。

ぜひその会にわたしも参加させてください。

 

なにより、これからもどうぞよろしくお願いします。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


ことばが道具であるならば

謎を解く鍵がちゃんと用意されているとうれしい

関連記事

  1. こんな時間でも誰かが働いている

    気持ちよく朝目覚めることができるとそれだけで今日という1日を快適に過ごせるん…

  2. 掛け算の答えは無限大になる。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。参加…

  3. 「自分らしさ」とはなにか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 休みからあけるときは助走する

    ブログを書くのが空いてしまうと、さて何を書こうと身構えてしまいます。冬の…

  5. 家族と大親友に伝えるつもりで情報発信をする

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を運営しています、読書セラピ…

  6. 「井の中の蛙、大海を知らず」の続きは?

    noteとの使い分けをどうしようかなと考えながらブログをやっています。で…

  7. 筆者の思考の過程を意識する

    何を書こうかなといつも通りいい意味で悩んでいます。札幌で読書会をやってま…

  8. もっと書くことを気楽に

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。そう…

Twitter でフォロー

PAGE TOP