キャッチボールのように書く

朝ちゃんと起きれたときはモーニングページ、起きれなくてもジャーナリングと言うように瞑想のように「書く」ことを習慣にしています。

さらに毎日を目標にブログを書いています。

でもなかなか思うように続けられない時期もあり、それなりに苦労をしています。

まずは、毎日続けなければいけないと言う呪縛から自分を解放させてあげることによって、気楽にかけるのではないかと思っています。

なので、ブログにあげる文章のハードルをとことん低くしていくのもいいのかなと思います。

内省が強み

ストレングスファインダー による私の一番の強みとなりうる才能の資質は「内省」です。

簡単に言うと頭で深く考えることです。

そのほかの強みのレポートにも書いてあったこととしては、言葉を介して考えるようにしましょうと言うことでした。

要するに、文章を書いたり、読んだりすることで私の強みは活かされるであろうとのことです。

文章を書く

そう言うわけで今日も私はこうして文章を書いているわけです。

ブログを書いている人は色々な目的があるはずです。

と言うよりも目的があるからブログを書いているのだと思います。

集客のためとか、自己ブランディングのためとか、色々あると思います。

私の場合は自己内省のためというのが一番大きなところかなと思います。

ブログはボール

でも、その中で折角読んでくださっている方がいるわけですので、ブログがキャッチボールのような存在になってほしいなと思うのです。

書き手と読み手がいて、それを結ぶボールの役割をしているのがこのブログです。

そう考えると書き手としての技量を身につけていくのはもちろんのこと、誰に向かってどんな取りやすいボールを投げるのかという、まだまだ意識しなければいけないポイントは多そうです。

 

心地の良いキャッチボールのようなブログを目指して行きます!

 

良かったらフォローしてください!

noteやってます!

しるし書店やってます!

読書会情報

自己紹介


思いを届ける。

小川洋子「博士の愛した数式」の感想です。

関連記事

  1. 本を読むことはメインディッシュに向けた準備

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本を書いた人に会いました…

  2. 前略、未来の自分へ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  3. 土台が大事!

    2018/9/21に友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加をしました。何を隠そう、札幌ゼロ読書会の…

  4. わたしが目指す本屋、ブックコーディネーターとは?

    「井田さんはその肩書きでどうありたいんですか?」今日そんな質問を受けました。札幌で読書会をや…

  5. 本は時代遅れのメディアなのか?

    「普段若者は家で何をやっているの?」と聞かれました。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@s…

  6. 私がよりよく生きるために考えたこと

    毎度同じになってしまいますが、最近は調子が良くも悪くも言えない微妙な感じの日が続いています。札幌…

  7. 祝2周年〜札幌ゼロ読書会のこれから〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、主宰の井田祥吾(@shogogo0301…

  8. 習慣化のコツは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP