思いを届ける。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

多分、何を書くより何を相手に届けたいかを考える方が大切な気がする。

多分、書くことが好きなのではなくて、書きながら考えることが好きな気がする。

考えるということは日々どんな人も繰り返しおこなっていることだと思います。

朝起きてからのモーニングページやジャーナリングなどいろいろなところで書くということを利用しながら、考えています。

誰に向けて書くか?

そこで大事になってくるのは誰に向けて書くのか? という意識をどこに向けるかだと思っています。

北海道新聞の取材を受けたときにも考えたことですが、私は本の魅力や読書会の良さを誰に届けたいのかというのを改めて考えてみました。

とりあえず本が好き、興味がある。

結論から言うと、私が力を及ぼすことができると言うか、したいのは、本が好きな人か本を読むことに興味がある人かなと思います。

そもそもこのブログや読書会に興味のない人はアンテナが向くことはないと思います。

私が読書会に興味を持つようになったきっかけも本を読んだことですし、本を読んでいなかったら今のような生活をしていることはなかったと思います。

届くかどうかわかりませんが、アンテナの向く方に電波を送り続けることはできるかもしれません。

読書会のお申し込みをブログ経由でいただくことも増えてきて少しずつ成果は出てきているのかなと思います。

 

毎日更新しているブログが理想なのかもしれません。

ウンウン唸りながら、できるだけ頑張りたいなと思うのです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


自分だったらどうするかを考えながら本を読む

キャッチボールのように書く

関連記事

  1. 習慣化のために小さな行動を積み重ねる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 本棚の10冊で〇〇を表現してみます

    「本棚の10冊で自分を表現する」というのをやりました。これって色々応用で…

  3. ブックセラピストになる。

    好きなことで生きていく好きなことで生きていけたら幸せですよね?そのた…

  4. 本を読むことはメインディッシュに向けた準備

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本を…

  5. あなたに向かって書く

    なぜだろうと考えてみました。何についてかと言いますと、わたしがブログを…

  6. 誕生日とは、そういうこと。

    「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」読書会冒頭での…

  7. 今日も誰かの誕生日

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 西洋占星術のおかげで生きやすくなった話。

    今日はちょっとスピリチュアルなお話です。「本を語る、人と繋がる」をテーマ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP