時間は財産である。

今日は札幌コワーキングカフェSALOONでもくもくと作業です。

作業というと大袈裟なのですが大半が読書です。

本を読むことは内省が強みとなる資質を持つわたしにとって大切な時間であるのです。

財産といえばお金が思いつくでしょう。

でもいくらお金を稼いだところで時間にはかなわないというのがわたしの考えです。

時間は切り売りすることができません。

今でなければいけないこともあるし、先延ばしができないことや期限が決まっていることがあります。

 

機械の発達によって生産性が高まり自由に使える時間は増えたはずです。

でも、時間が足りないといつまでたっても時間貧乏であることから抜け出せていないようです。

前にダウンロードしたスマホアプリで自分の行動を記録することを最近始めました。

何時に就寝して、何時に起床をしているか。

どれだけ働いているか。

これらのことはもちろんのこと、本を読んでいる時間、ブログを書いている時間など大まかなカテゴリーで記録をしています。

そうして見えてきたことは、知らずのうちに記録をしていない空白の時間が1日の20〜40パーセントあるということです。

1日は24時間なので、8時間前後も何も始まりと終わりを意識することなく過ごしてしまっている現状があります。

 

1日の8時間を無意識に過ごしてしまっているのであれば、まずやることは有意識の時間を増やすことです。

その上で本当に自分に必要なことに力を注げばいいのではないかと思うのです。

 

本を読むのに必要なのは、お金ではなく時間です。

その時間をいかにして捻出するか、どれくらいの時間が必要なのか知っておくのは大切ですね。

どこで聞いた言葉か忘れてしまいましたが、紹介したいものがあります。

Time is life.

時は金なり。ではなく、「時は命なり」

わたしもそう思います。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


歴史小説が苦手だけれども、

ウツからの回復のために

関連記事

  1. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  2. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 自分にとっての名言を集める。

    今日は本を読んだ後のオススメの行動について書いていこうと思います。「本を…

  4. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  5. 伏線の回収されない小説のような人生を送りたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 文章は相手に読まれてこそ意味がある

    文章は相手に読まれてこそ意味があるこのブログをご覧いただいている方は重々…

  7. 習慣化のコツは「目的と仲間」を持つこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 本読みとしてうれしかったこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP