武田友紀『「繊細さん」の本』を読んで、生きやすくなる期待を感じた。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

動画でも紹介をしています。

 

HSPという言葉は聞いたことはありましたが、深くは知りませんでした。

Highly Sensitive Personの頭文字でこの本では「繊細さん」と呼んでいます。

お借りして読みましたが、少し読んだところでひょっとして自分も「繊細さん」なんじゃないかと思い、webのテストを受けてみたら「中」ということでした。

考えてみれば前職で体調を崩して入院したのも心のバランスがおかしくなったのが原因でした。

そのときは世の中のあらゆるものが自分に訴えてくる感覚でした。今でも言葉に対する感度は高いのかなと思っています。

そのような繊細さんは5人に1人の割合で存在することがわかってきたそうです。

繊細の対極は鈍感だと思いますが、鈍感を目指すのではなく、生まれ持ったありのままの繊細をどう活かして仕事や生活を送ればいいのかヒントが多く為になりました。

仕事の条件として「想い、強み、環境」が挙げられていました。「強み」を活かすべく日々の仕事に邁進していきたいと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


自分の気持ちを伝えるための建前は大事。

目標は背中を押してもらって宣言をしてやる。

関連記事

  1. ストレングスファインダーから考える、目標の立て方…

    今日は目標の設定についてわたしが学んだことについて書いていきます。「本を…

  2. ストレングスファインダーの34の資質を手なずける…

    今回はわたしが好きなストレングスファインダーのお話です。「本を語る、人と…

  3. アンジェラ・ダックワース『GRIT やり抜く力』…

    2020年の12月から不定期で藤本さんのYouTubeチャンネルに出演してい…

  4. グレッグ・マキューン『エッセンシャル思考』を読ん…

    動画でも紹介をしています。よければそちらもご覧ください。&nbs…

Twitter でフォロー

PAGE TOP