渋沢栄一 守屋淳=訳『論語と算盤』(ちくま新書)

こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

また、「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰や人間学を学ぶ月刊誌である『致知』の読書会である北海道致知若獅子の会の世話人をしています。

 

今回紹介する本は、渋沢栄一 守屋淳=訳『現代語訳 論語と算盤』(ちくま文庫)です。

 

毎月購読している『致知』の三月号の特集テーマが渋沢栄一氏だったことをきっかけに再読をしようと思い、手に取りました。

新一万円札の肖像画になることや大河ドラマ『青天を衝け』で知った方も多いのではないかと思います。

また前北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹氏が選手に配っていたことも知られています。

 

この『論語と算盤』は元々は講演会であった内容です。時代も移り変わってあるだろうということで現代語訳で手に取りました。

「わたしは常に、精神の向上を、富の増大とともに進めることが必要であると信じている」

渋沢栄一 守屋淳=訳『論語と算盤』(ちくま新書)(p47)

とあります。

何かしらの事業を行うということは富を得るための手段でありながら利他の心が大切になります。

その精神の拠り所としてうってつけなのが『論語』なのだと感じました。

 

お金を得ること=悪や卑しいことではなく、お金を得ることによって活動の幅やできることが広がるならそれは正当なことなのだと感じました。

わたしの場合でいうと勤めのほかにこうして読書セラピストとして活動しています。

こちらは趣味的な要素も大きいので特にいくら稼がなければいけないというプレッシャーはありません。

それでもやりたいことのためがゆえの雑事に時間を割くこともあります。

もちろんボランティアはそれで素晴らしいことですが、ものによってはしっかりと対価をいただくことによって良い方向へと繋がっていくこともあるのではないかと思いました。

 

毎日コツコツと論語の素読をしています。

少しずつ古文のリズムにも慣れてきて、心地よさを感じてきています。

大きな木には地に張り巡らされた深い根があります。

枝や葉を茂らすことばかりに目がいかないようにこれからも研鑽を続けていきます。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


岩田徹『「一万円選書」でつながる架け橋』(竹書房)

『ぼけますから、よろしくおねがいします。〜おかえり お母さん』

関連記事

  1. 神渡良平『人を育てる道』(致知出版社)

    本の紹介をします。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催し…

  2. ひすいこたろう『人生が変わる朝の言葉』(サンマー…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 本田健『20代にしておきたい17のこと』を読んで…

    3月1日はわたしの誕生日です。自分発信のブログなので目標について書いてお…

  4. D・カーネギー『人を動かす』(創元社)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. 寺田真理子『心と体がラクになる読書セラピー』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています、読書セラ…

  6. セネカ『人生の短さについて』

    2021年3月22日の「フジモトのカクロン」チャンネルで紹介をした一冊です。…

  7. 渡部昇一『知的生活の方法』(講談社現代新書)

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピスト…

  8. 内村鑑三『代表的日本人』を読み、日本人の精神性を…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

Twitter でフォロー

PAGE TOP