本の感想は無理して書かなくていい

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、本の感想についてです。

先日、このようなツイートをしました。

10年くらい前のわたしはずっと本は読んだら読みっぱなしでした。

読書メーターを使い始めてから読んだ本の登録等は行っていましたが、特に感想等を残したりはしていませんでした。

藤井孝一さんの『読書は「アウトプット」が99%』を読んでアウトプットの重要性を学び、感想を書くということを始めました。

見当違いの意見を発してバッシングとかされるんじゃないかとびくびくしていましたが、そのようなことはなく温かく受け入れてもらえるような気がしました。

感想を書くことを意識して読むようになってから本に対する吸収率みたいなものがぐんとあがったように感じます。

感想を書くためには読んだ後に振り返りやすくする必要があります。

それまでは「本は綺麗に読む」ものでしたが、折り目をつけたり書き込みをしたりして振り返りやすくすることを重視するようになりました。

こうすることでアウトプットが自然とやりやすくなってきました。

 

ひとつ気をつけていることとしては無理してアウトプットをしないということです。

学生時代の読書感想文のイヤな記憶が残っている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

「思ったことを感じたままに書きましょう」と言われながら、そう書いたら評価をされず、もしくは筆が進まない経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

何を書いていいかわからないときはまずは「一言」からスタートするのがおすすめです。

そしてそこから小さな質問を積み重ねて広げていくことです。

たとえば、「おもしろかった」ならどこが?  とツッコミを入れてみます。

セリフが良かったのか、ストーリーが良かったのかをネタはごろごろと転がっています。

 

わたしが読んでいて面白いのは要約ではなく感想です。

その人の視点で切り取る部分では何方も同じなのですが、要約はその人の意見ではないようで偏見で本が切り取られてあたかもそれを観れば十分なように思えてしまいます。

一方で感想は、その人が何を感じどうしようかという軌跡なので人間味があっていいなと思います。

 

あまり感想が浮かばなかったら本との相性もあるかもしれません。

まずは、楽しんで読みましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


明確な旗じるしを立てる

経験と例えを駆使して伝える

関連記事

  1. 今日も本は誰かを救ってくれる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 読書会はいつから始まっているのか?

    明日は読書会です。お久しぶりの対面です。密を防ぐために人数は減らしてい…

  3. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  4. 人が紹介するから読書会は面白い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  6. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

  7. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  8. アウトプットはまずはTwitterからやってみま…

    どうやったら読書をより自分の血とし肉とすることができるのか。その鍵のひと…

Twitter でフォロー

PAGE TOP