明確な旗じるしを立てる

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「SNSのフォロー&フォロワー」のお話です。

先日、このようなツイートをしました。

日々情報発信を続けています。

読書に関することをメインに少しでも生きやすくなるヒントや自分の強みになりうる資質の内省を活かしていけたらと思って発信をしています。

そこで気になってくるのがフォロワーさんの数です。

気にしなくてもいいのですが全く無視していい数字でもないと思っています。

かといってむやみやたらに増やすことを目指すものでもないのかなと思っています。

 

このフォロー&フォロワーの関係には色々あります。

 

Facebookは基本的に相互関係です。

どちらかが友達関係を解消したらその関係性はなくなります。

友達申請を拒否したらフォローという形は残りますが、制限された投稿は見ることができません。

 

この辺りはTwitterとInstagramでは異なるところです。

これらはフォローとフォロワーになるというのは別々の行動として捉えています。

フォローされたからといってフォローする必要はないというのが私の考え方です。

相互フォローによってフォロワーさんを増やそうという考え方もしていません。

どんなイメージかなと思ったのですが、フォローをするというのは先頭で旗を持っている人の元に追いかけたくなる感じかなと思いました。

山頂にたどり着いたときに旗を立てる、それを称賛したり追いかけたくなる感覚かもしれません。

このあたりがフォローされたらフォローを返さなきゃと思っていない理由になります。

いいなぁと思っても方向性が違うなと感じたら外すこともありますが、なるべくしたくはないというのが本音です。

 

 

SNS発信はまだまだ勉強中ですが、少しでもしてよかったと思える発信を心がけていこうと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


第76回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

本の感想は無理して書かなくていい

関連記事

  1. 休みからあけるときは助走する

    ブログを書くのが空いてしまうと、さて何を書こうと身構えてしまいます。冬の…

  2. 選んだ道を正解にする努力をする

    ストレングスファインダーの強みとなる資質で内省が一位ですので色々なことを考え…

  3. チャンスがやってきたら臆せず飛び込め!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 「カミのお告げ」と命名する。

    こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。…

  5. 途切れたら何度でもやりなおす

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。昨日…

  6. 進まなくても歩き続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 自分に自信をつけるために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。一応…

  8. 過不足なく臆病に書く

    過不足なく臆病に書くわたしは文章を読むのも書くのも好きです。全くなか…

Twitter でフォロー

PAGE TOP