みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』に学ぶこれからの仕事の作り方

みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』に学ぶこれからの仕事の作り方

第31回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。

みうらじゅんさんのことは説明するまでもないと思います。

「ゆるキャラ」「マイブーム」などの生みの親です。

自身の仕事を元々ジャンル分けされていなかったものに目をつけてジャンルを立てて一捻りした名前をつけることとおっしゃっています。

もともと「ゆるキャラ」というものは存在していなかったのです。

けれども地方のお祭りやイベントなんかではそういうなんとも言えないキャラクターが存在していたのです。

そこに目をつけたら

「自分をなくす」ほど、我を忘れて夢中になって取り組んでみること(p6)

とあるようにそれに取り組むことです。

全てを自分でやるので「一人電通」と呼んでいるそうです。

比べるのも失礼かもしれませんが、わたしのしている「ビブリオセラピスト」もなかった仕事です。

やりたかったことと友だちからビブリオセラピーというものを教えてもらったこと、メールを送って会員になったことなどがうまく重なって勝手に名乗ることにしました。

本の魅力を自分が伝えるんだという一種の洗脳状態です。

自分を信じて突き進むのみですね。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


葉書を書けば人生が変わる

文章は相手に読まれてこそ意味がある

関連記事

  1. 手書きっていいですよ

    わたしは手書きが好きです。別に字が特段上手とか習っていたとかそのようなこ…

  2. 挑戦に必要なものは?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』から学ぶ…

    ふたりはともだち「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  4. 感謝することは当たり前のことに目を向けること

    感謝をすることは当たり前のことに目を向けること札幌で読書会をやってます、…

  5. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日…

  6. 川村元気『仕事。』、「仕事。」楽しんでいますか?…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 自分の頭で考える

    量は質に転化すると私は思っています。では、ただ闇雲に量をこなせばいいので…

  8. より良い毎日を過ごすための道標

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日…

Twitter でフォロー

PAGE TOP