文章は相手に読まれてこそ意味がある

読書会情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

文章は相手に読まれてこそ意味がある

このブログをご覧いただいている方は重々承知だと思いますが、わたしは文章を書くのが好きです。

ブログであったり、SNSや複写ハガキなどあらゆるところで書いています。

「書く」という行為で大切なことはなんでしょうか?

それは間違いなく、「読まれる」ことと「行動させる」ことです。

順に解説していきます。

文章は「読まれる」ことに意味がある

わたしのこのブログは世にいらっしゃるブロガーみたいに月に何万pvですとか声高らかに言えるほどのものではありません。

書いたら自動的に読まれるとは考えにくいのです。

渾身の記事を書いたらそれだけで人が集まると錯覚しがちですが、そんなことはありません。

「書く」だけでは意味がありません。

コンテンツは相手に届いてこそ意味があります。

まずは読んでもらうきっかけをつくるのを忘れないようにします。

文章は「行動してもらう」ことに意味がある

無目的に書く散文に意味がないというわけではありません。

本来であれば文章を書くのには何かしらも目的があったはずです。

その目的がかなうように文章は設計されるべきです。

自分があれをしてほしいなと思ったのに、結果としてしてもらえなかったのでは意味がありません。

まずは読んでもらうところからスタートですが、できれば行動につながるように設計するのが良いかと思います。

まとめ

目的を持って文章を書きましょうという話でした。

文章術の本はいろいろありますが、たった一人に刺さらない文章が大勢の共感を得られることないでしょう。

相手に届けるまでを意識する必要がありますね。

複写ハガキのお返事がきたので返したいのですが、いまの自分をそっくりそのまま伝える言葉を探しています。

ゆっくりと探して見つけようと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Talkstandでお話しませんか?



画像をクリックしてダウンロードをお願いします!

Talkstandの紹介はこちらから!

音声プラットフォームHimalayaやっています!



視聴は画像をクリックしてください!

しるし書店やってます!



画像をクリックしてください!

自己紹介


みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』に学ぶこれからの仕事の作り方

西野亮廣『新・魔法のコンパス』は未来を生きるための教科書だ!

関連記事

  1. ranunculus

    花の名前と花言葉

    花の名前と花言葉「新緑の候」という時候のあいさつがピッタリな季節に札幌も…

  2. キャッチボールのように書く

    朝ちゃんと起きれたときはモーニングページ、起きれなくてもジャーナリングと言う…

  3. 同じことは何度も書いていい。

    書きたいという衝動はあるけれど、何を書いたらいいかわからない時がたまにありま…

  4. オンラインコミュニティの可能性を探る

    いつもありがとうございます。対面での読書会がなかなか開催できない状況です…

  5. 問いのあるところに答えがある

    問いのあるところに答えがある今日で4月も終わりますね。ブログ記事の更…

  6. もっと書くことを気楽に

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。そう…

  7. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP