皆川明『ミナを着て旅に出よう』(文春文庫)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、本の紹介です。

紹介する本は、皆川明『ミナを着て旅に出よう』(文春文庫)です。

皆川明さんのことは「ほぼ日の學校」で知りました。

本をお借りする機会があり読むことが出来ました。

「ミナ ペルホネン」の代表として、デザイナーとして活動されています。

ミナを100年続けるためにどうするか考えているというのが印象的でした。

100年続くことを考えたうえで、皆川さんが初代のデザイナーとして30年間ほどでできることを常に考えているというのが印象的でした。

わたしは札幌ゼロ読書会の主宰として4年目です。

いつまで続けようとか、規模を大きくしようとかはあまり考えていません。

読書会も100回目が近づいていますが、特に変わることなく開催すると思います。

続けることで受け継がれることもあると思うので回数や年数を目標に据えてみるのも良いかと思いました。

 

もうひとつ印象に残ったところとすればミナを立ち上げた当初は魚市場での仕事を掛け持ちされていたということです。

それ以前は服飾関係のアルバイトをされていたようです。

魚市場で働いた理由としては日中にミナの電話をとれることと、頭の働きが違うため力を注ぐことができたということでした。

ジャンルが違うことでうまくスイッチを切り替えることができるということはたしかにありそうです。

わたしは普段はスポーツクラブで働いていますが、仕事のなかでもカラダを動かすことでリフレッシュでき、文章を書いたり読んだりが中心の読書セラピスト活動をすることができているように感じます。

 

何より感じたのは皆川明さんの仕事に向き合う真摯な姿勢でした。尊敬する松浦弥太郎さんにも通ずるところがあり、対談をされているのも納得でした。

手にとっていただけるとうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


第79回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

言葉のニュアンスに目を向ける

関連記事

  1. 藤村忠寿『人の波に乗らない 笑ってる場合かヒゲ』…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 誠心誠意を込めて書く

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  3. 周りに敬意を持ちながら生きたい

    今回紹介する本は、星野道夫さんの『旅をする木』(文春文庫)です。&nbs…

  4. 長島有里枝『背中の記憶』(講談社文庫)

    今回紹介する本は、長島有里枝さんの『背中の記憶』(講談社文庫)です。第2…

  5. 藤村忠寿 嬉野雅道『仕事論』(朝日文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. 自分で誰かの靴を履いてみる

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  7. SATORI『別世界』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. 自分の意志で手に入れた本を大切に

    本好きの方なら新刊が出たら迷わず買うという本の類があると思います。わかり…

Twitter でフォロー

PAGE TOP