インプットとアウトプットのバランス

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「インプットとアウトプットのバランス」です。

先日、このようなツイートをしました。

インプットとアウトプットどっちが大事か論争は決着がつかないくらいあらゆるところで議論されています。

わたしの結論としては言い逃れのようですが、「どっちも大事!」です。

言うなれば自転車の両輪みたいなもので自転車として走るためなら前輪も後輪も必要であり、単に役割が違うというだけです。

 

とはいえ今の時代は情報過多なので何も考えていないとインプットも取り入れすぎになりがちです。

先ほどは自転車の両輪で例えましたが、お風呂のお湯で例えるのも好きです。

お風呂に入ろうと思ったら、栓をしてお湯を溜めます。

お湯を注ぐというのがインプットをしている段階と言えるでしょうか。

そのお湯でくつろぎ満喫している状態がアウトプットともいえますが、翌日までずっと温かいということはないでしょう。

追い炊きがついていなかったら、一度排水をして風呂掃除をしてまたお湯を入れなければいけません。

お湯を一度抜くという段階が非常に大切で、知らず知らずのうちに頭の中をパンパンにしていることがあるはずです。

こういうときはどんな形でもいいので自分の意見として一旦アウトプットをして吐き出すことがオススメです。

そうすることでスペースが空き、また新たな知識を吸収することができます。

 

良質なインプットが良質なアウトプットを生むことは間違いないのですが、良質なアウトプットを生み出すにはこれまた良質で多量のインプットが大切であり、切り離せない関係性だなと感じています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


本の帯どうしてますか?

2021年7月に読んだ本

関連記事

  1. 読書は目的?手段?

    昨日、ふと疑問に思ったことがあります。目的、目標と手段は混同しやすいなと。…

  2. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

  3. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  4. 読書術の専門家になりたい。

    あなたには好きな本のジャンルはありますか?もしかしたら本イコール小説なん…

  5. 習慣にしたことは抵抗を感じるもの

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。抵抗…

  6. わたしとブログのあるべき姿

    今日こそはブログを書こうと思いながら更新できない日々が続いていました。札…

  7. 何気なく飲んだ水がおいしいと感じる人生を送りたい…

    人は言葉によって思考をめぐらす生き物です。もちろん感覚優位のかたもいらっ…

  8. 「言葉にできない」は核となるもの。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。言い…

Twitter でフォロー

PAGE TOP