習慣化のコツは「目的と仲間」を持つこと

読書会情報

読書会等のイベントはFacebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

気分に点数をつけると「5」かなぁという日が続いていました。

少し落ち着いて「3.5」くらいになってきた感覚です。

今の程よい感じをキープできたら良いなぁと思うので、ブログを書くことを含めてひとつひとつの良い習慣を大切にしたいです。

早起き得意ですか?

あなたは早起きは得意ですか?

わたしは気分に波が結構あるので、得意とは言えません。

時によっては出勤時間ギリギリまで寝て過ごすこともあります。

その一方で、サクッと目が覚めて朝からモリモリと行動することがあります。

ワクワク感を大切にする

その差は何かというと、ワクワク感だと思うのです。

仕事はどうしてもルーティーンになりやすくワクワク感が薄れやすいのかなと思っています。

休みの日に早く起きれることが多いです。

何をしようかな、これをしようというワクワク感があるから寝ていても良い休日に目がさめるのかなと思います。

手段と目的を意識する

そもそもなぜ多くの人が早起きを習慣化させたいと思うのでしょうか?

それは、早起きが目的を叶える手段になるからです。

逆にいうと早起きが目的になっていると長く続かないのでは? と思います。

「〇〇を実現させるために早起きをしたい」というのが良い流れではないでしょうか?

チャレンジはマイペースでつづける

わたしも早起きに挑戦中です。

極端に早い時間ではありません。

目標は毎朝7時に起床をすることです。

出勤時刻は8時半頃なので、その間でブログを書いたり、Twitterに本の紹介をしようと思っています。

ただ、あれもやらなきゃとガチガチに自分の首をしめるようなことはしたくないので、マイペースでチャレンジです。

ハッシュタグを活用して仲間を作る

チャレンジには仲間がいると励みになります。

早起きの場合でいうと、Twitterでつぶやくときに

#早起きチャレンジ

のタグをつけると多くの同士に見てもらえます。

 

そう考えると習慣化には仲間が必要なのかなと思います。

読書会も「読書会仲間を作る場所」として提供できたらなと思います。

今日の本

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

音声プラットフォームHimalayaやっています!

(画像をクリックしてください!)

noteもやってます

自己紹介


習慣化のために小さな行動を積み重ねる

本を読む時間を意識する

関連記事

  1. 「カミのお告げ」と命名する。

    こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。…

  2. 最初の一歩が一番大事

    読書会を月に一度のペースで開催を始めたのが今年の4月でした。少しずつなれ…

  3. 本好きの働く未来を考えてみました

    「井田さんのやりたいことって本屋さんじゃないですよね?」私はそう言われて…

  4. 直感で行動する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 土台が大事!

    2018/9/21に友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加をしました。何を…

  6. 書くことで内省を深める

    頭に残って離れない言葉ってありますよね?ありますよね? と言うよりも出会…

  7. 自分だったらどうするかを考えながら本を読む

    本を読んだ後で、一番大事なことはそこから何を学んだのかを振り返ることだと思っ…

  8. 書いて内省する

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日…

PAGE TOP