なくてはならない歯車になる

社会の中で生きていると自分なんかいなくても、と思ってしまうこともあるかもしれません。

そういうときに陥ってしまいそうになったときにわたしが考えることを書いていきます。

いうまでもなく、わたしたちは社会の一員として生活をしています。

仕事をしてお給料をもらいそのお金でご飯を食べています。

フリーランスという働き方も今の時代では選ぶことができます。

どちらが良いとかではなく働き方は色々あるというのがわたしの考えです。

 

大事なのは働き方は色々あっても歯車だということです。

歯車というと懐中時計のイメージなのですが、大きなものや小さなもの色々ありますがどれか一つが欠けても時計は時計として機能しないでしょう。

社会でそういう一員になるというか、そうならなければいけないとわたしは思うのです。

辞める気はありませんが、今の会社を辞めたいですと言ったときにあっさりと受理されてしまうようではその先が不安です。

その組織の中であっさりと手放してもよかったと思える存在の人が次の場で重要度が大きく変わるようなことってあるのだろうかと考えます。

もちろん事情を話したうえでということになると思うので一概にも言えませんが、組織から必要とされる存在になるというのはとても大切だと思っています。

 

大きな歯車ではなく、目立たないところにあるものでも、必要とされるところでしっかりと活躍をすれば見てくれている人はいるはずです。

そういう志で仕事をしていきたいです。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


良いサービスを受けたかったら良いお客さんになる

自分のスタイルを見つける

関連記事

  1. つながる仲間を増やしたい

    人は組織の中で生活をしています。一番近いところで最初に属するのは家族でし…

  2. 質問箱で答えを考え思考をを育てる

    ここ最近続いてきた腰の痛さがだんだんと和らいできました。腰が痛いとすぐに…

  3. 本を読む時間を意識する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 規律性と、さりげない気遣い

    休憩時間が一緒になることが多い方が、わたしがいつも休憩終了10分前にな…

  5. 1%のひらめきって大事!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 【ストレングスファインダー 】弱みは強みでカバー…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 習慣化のためにできることは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 実践したい最高のボランティア

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP