文字には命が宿る

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、「文字」についてのお話です。

わたしたちは日々文字に接しています。

文章を読むこともあれば、書くこともあります。

書くと言ってもパソコンやスマートフォンによる入力が増えているので、学生時代と比べると手書きはへっているのではないでしょうか?

特に手書きの文字に関しては「文字に命が宿る」のではないかと思っています。

名前を書くときには自分を表すものとして分身をつくるような気分になりますし、誰かの名前を書くときには気持ちを表す第一歩になります。

文字に気持ちがのるというか、命が宿る感覚がわたしにはあります。

実際、手書きのほうがタイピングに比べて脳を何倍も使うという話を聞いたことがあります。

手書きの機会というのはいっそう少なくなると思われます。

それでも手書きの良さが失われたわけではないので、可能な限り続けられたら良いなと思います。

わたしは毎日名文書き写しをしています。

今は芥川龍之介『舞踏会』を書き写しています。

息遣いを感じながら書くのもおすすめです。

文章力アップしたい方はぜひ試してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


小山宙哉『宇宙兄弟 (1)』(モーニングコミックス)

土井善晴『一汁一菜でよいという提案』(グラフィック社)

関連記事

  1. 過去は変えられるし、未来はやり直せる

    挫折をした経験はありますか?わたしは心に大きく刻み込まれてるもので2つで…

  2. 棚からぼた餅とは言うけれども

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  3. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  4. 2020年の振り返りと2021年の目標

    今日で2020年も終わりますね。今年は激動の一年間でしたね。2019…

  5. 「カミのお告げ」と命名する。

    こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。…

  6. 北海道新聞『卓上四季』の書き写し始めました。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 原理原則を守れば道を外したときにすぐ気づける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  8. 本で人生は変わるのか?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP