文字には命が宿る

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、「文字」についてのお話です。

わたしたちは日々文字に接しています。

文章を読むこともあれば、書くこともあります。

書くと言ってもパソコンやスマートフォンによる入力が増えているので、学生時代と比べると手書きはへっているのではないでしょうか?

特に手書きの文字に関しては「文字に命が宿る」のではないかと思っています。

名前を書くときには自分を表すものとして分身をつくるような気分になりますし、誰かの名前を書くときには気持ちを表す第一歩になります。

文字に気持ちがのるというか、命が宿る感覚がわたしにはあります。

実際、手書きのほうがタイピングに比べて脳を何倍も使うという話を聞いたことがあります。

手書きの機会というのはいっそう少なくなると思われます。

それでも手書きの良さが失われたわけではないので、可能な限り続けられたら良いなと思います。

わたしは毎日名文書き写しをしています。

今は芥川龍之介『舞踏会』を書き写しています。

息遣いを感じながら書くのもおすすめです。

文章力アップしたい方はぜひ試してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


小山宙哉『宇宙兄弟 (1)』(モーニングコミックス)

土井善晴『一汁一菜でよいという提案』(グラフィック社)

関連記事

  1. のんびりゆっくりがマイペースではない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 言葉が武器であるならば

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP