こういう日もあるよねと思えること。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

早起きを毎日最初のチャレンジにしています。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

早起きと言っても朝日が昇る前の真っ暗闇から始動するというほどのものでもなく、仕事が早番の日もそうでない日も朝にやりたいことを落ち着いてこなすことができる7時起床を目標にしています。

朝の目覚めがよく快適に起きれた日というのはゆとりをもって生活をすることができます。

気分に変動はあるので一日中気がふさぎこんでしまうというのはなかなかないのですが、それでも朝気持ちよく起きることができるというのは気持ちがいいものです。

もちろん起床時間が7時を過ぎて、家を出るギリギリの時間までベッドで過ごすなんて日もあります。

そういうときに意識しているのは「こういう日もあるよね」と早起きすることができなかった自分を肯定的にとらえることです。

どうしても病気として気分の波があるので、大変に感じることもあります。

そんな中でも起きることができて出社できた自分をほめてあげるのも大切なんじゃないかと思います。

挑戦をすれば必ず失敗はあります。

失敗の可能性がないものは挑戦とは言わず、単なる確認作業に過ぎません。

失敗というものを肯定的にとらえることで少し生きやすくなることもあるんじゃないかと思います。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


2020年11月に読んだ本

人生が狂ってしまっても本が読みたい

関連記事

  1. つれづれなるままに

    「いつかやろうはバカヤロウ」なんて言葉を聞いたこともあります。確かにその…

  2. より良い読書会のために

    昨日のコワーキングスペースsaloonで開催した「本を語る」読書会は過去最多…

  3. 誰かを傷つけることで幸せにならない

    人なのでパーフェクトな毎日を過ごせるわけでも失言をしないでいるわけではないと…

  4. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 直感で行動する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  7. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

  8. 時間は資産である

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP