D・カーネギー『人を動かす』で友を作り人間関係を学ぶ

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

第32回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。

この日のテーマは「緑」でした。

いま考えてみると「緑」をテーマに表紙の色が「みどり」だからとこんな古典の名著を持ってくるのもどうかなと思ってしまいます。

ということで書いていきます。

D・カーネギー『人を動かす』

今回、本の紹介記事を書くにあたってまた読み返してみました。

読めば読むほど、なるほどとおもい、角を折り線を引いての繰り返しです。

帯にはこうあります。

社会人として身につけるべき人間関係の原則を具体的に明示して、あらゆる自己啓発本の原点となった不朽の名著。

まさしくその通りだと実感します。

この本に出会ったのは高校生の頃でした。

確か、斎藤一人さんの本にこの本を7回読めということが書いてありました。

それで読んでみたのですが結構苦労しました。

古典と呼ばれる作品は物事の本質が書いてあります。

その分むずかしく感じることが多いかもしれません。

この『人を動かす』の書かれ方はパターン化されているところがあります。

「教訓(ないこともあります)→具体例→まとめ」

こんな流れで進んでいきます。

普段文章を読むときのポイントでもあるのですが、具体例がなんの具体例なのかを意識すると比較的読みやすくなります。

具体例そのものが大事なのでなく、具体例を通して言いたいとことが大切なのです。

ひとつひとつをかみしめるように読んでいけば必ず発見があると思います。

私自身折に触れて読みたいと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


本で伝えたいことはひとつだけ

Brown Books Cafeに行こう!豊水すすきの駅から徒歩1分!

関連記事

  1. ふつうの人のストーリーに学ぶ〜福津京子『札幌人図…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、ビブリオセラピス…

  2. 読書のアウトプットのススメとその方法

    本との出合いは人との出会いと同じだと思っています。札幌で「本を語る、人と…

  3. 小さな習慣をつくる

    密かにブログを毎日更新するというチャレンジを続けています。札幌で読書会…

  4. 東野圭吾『クスノキの番人』は「わたしの名刺がわり…

    東野圭吾『クスノキの番人』は「わたしの名刺がわり」札幌で「本を語る、人と…

  5. 読書が健康のための即効薬?!

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 『「感謝」で思考は現実になる』〜続けてみてわかっ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  7. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  8. 同じ情報には何度も触れる

    ブログを書こうと思ったタイミングにいつも思い浮かぶことがあります。それは…

Twitter でフォロー

PAGE TOP