谷村志穂『りん語録』を読んでりんごに思いを馳せる

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています。

 

紹介する本は、谷村志穂さんの『りん語録』(集英社)です。

お借りして読みました。

著者の谷村志穂さんは札幌生まれの作家さんということでなじみがありました。

小説は読んだことがなかったのでそちらも気になるところです。

りんごをこよなく愛する谷村さんが作品に出てくるりんごの種類を探ったり、産地をめぐったりするお話になっています。

読むと無性にりんごが食べたくなります。

りんごの何の効能かは忘れましたが、実家にいた頃は夜のデザートに決まってりんごを食べていました。

四人家族でしたのできっちりと4等分されたりんごを食べていました。

そんな懐かしいことを思い出しながら読みました。

心に残った文はこちらです。

りんごはこうして薬にもなり、知恵の実とされ、人を誘惑する禁断の果実にもなり、宗教的な意味合いも含む。いつも何かの象徴のように存在する。

谷村志穂『りん語録』(集英社)(p184)

りんごの出てくる言葉で思い出したのがマルティン・ルターのこちらです。

明日世界が滅亡しようとも、わたしはりんごの木を植える。

ルターの思い浮かんでいたりんごの種類は何であったのか?  気になるところです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


第82回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

印南敦史さんから学ぶ「フロー・リーディング」。流れるように本を読もう!

関連記事

  1. 土井善晴『一汁一菜でよいという提案』(グラフィッ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 土井善晴 土井光『お味噌知る。』(世界文化社)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP