書いて内省を深める。

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

書くことが好きです。

ブログの文章はある程度まとまった分量を書きたいと思っています。

少なくても原稿用紙一枚ぶんくらいは書きたいと思っています。

早起きができた日はサクサクとやらなければいけないことをこなせるので、書くための時間と体力があるのですが必ずしも早起きができるわけではないのでそうもいかない日もあります。

 

ここ最近は休日のゆっくりとできる時間にブログを書くという自分に向き合う内省する時間を取ることができています。

この「内省」というのはストレングスファインダーで知ったわたしの強みとなりうる資質の第1位です。

しかも2回診断テストを受けて2回ともだったのでとても濃いイメージなのかなと思います。

診断テストを受けるとレポートが出てきます。

そのレポートは同じ資質であってもその人の傾向によって文章が違うそうです。

わたしの場合の内省は、データや数値から考察してみる、書く時間を取り入れると良いとありました。

 

書くことは自分に向き合う大切な時間です。

時間がなくてまとまった文章を書くことができないときはエッセンスを詰めるイメージでTwitterで発信を続けていきたいと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


三宅香帆『(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法』から学ぶ小説の作法。

河野啓『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』を読んで考える応援する者の責任。

関連記事

  1. こんなときだからこそ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 北海道新聞『さっぽろ10区』に掲載されました

    先日、北海道新聞社から取材を受けた記事が11月13日(金)の朝刊別刷に掲載さ…

  3. なくてはならない歯車になる

    社会の中で生きていると自分なんかいなくても、と思ってしまうこともあるかもしれ…

  4. 筆者の思考の過程を意識する

    何を書こうかなといつも通りいい意味で悩んでいます。札幌で読書会をやってま…

  5. 読書の魅力を伝えたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 2021年の振り返りと2022年の抱負

    井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとして本の持つ魅…

  7. たまに試してみる

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  8. 自分の居場所は自分でつくる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP