坂口恭平『躁鬱大学』(新潮社)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、坂口恭平さんの『躁鬱大学』(新潮社)の紹介を行います。

YouTubeでも紹介動画を撮りました。

著者の坂口恭平さんの本を読むのは2冊目です。

前回は、『苦しい時は電話して』を読みました。

行政の行なっている「いのちの電話」がなかなかつながらないことから、自身の携帯電話番号を「いのっちの電話」として公開して悩んでいる方の相談に乗っています。

今回の本でも何度も電話番号が書かれています。

坂口さん自身も双極性障害を患っており、わかりやすく躁鬱病といい、それをもつ人を躁鬱人と表現されています。

 

この本を読むと、躁鬱人がどうすれば生きやすくなるか、そのヒントが得られるんじゃないかという気がしました。

精神科医の神田橋條治が口述された   『神田橋語録』をテキストに坂口さんが大学のようにしっかりと15コマで解説をしています。

 

躁鬱病というのは「病気というより体質です」というのに今まで悩んでいたところがスーッと救われるような感じがしました。

 

心に波があるのを認めたうえで、自分の心に従って生きていきます。

これはわたしのモットーとしている「無理しない、焦らない、落ち着く。よりよく生きる」にしっかりと当てはまっているところかなと思います。

双極性障害を抱えている人にはもちろんおすすめですが、お近くにいらっしゃる方にも読んでいただきたい一冊です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


奮い立たせるのにオススメの本は?

映画『ブックセラーズ』

関連記事

  1. ホームレス小谷『笑うホームレス』に学ぶ、お金に困…

    第59回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。紹介した動画はこちらです…

  2. 東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 時間があったら考えて書く

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 岸田奈美『家族だから愛したんじゃなくて、愛したの…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本…

  5. 『使いみちのない風景』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  6. 桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  7. 小川奈緒/小池高弘『心地よさのありか』

    お借りしていた本を読み終えたので紹介します。「本を語る、人と繋がる」をテ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP