坂口恭平『苦しい時は電話して』を読んで、自分にできることを問う。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「死にたい」と思ったことはありますか?

そのときどのように対処をしましたか?

死にたいと思った感情を身近な人に伝えるのはむずかしいし、かといって見も知らぬ人に相談するのも違うのかなと思っていまいます。

著者の坂口恭平さんは自分の携帯電話番号を公開して「いのっちの電話」というサービスを無償で行なっています。

もともと「いのちの電話」のサービス名だったそうですが、商標登録の侵害で警告されて、「いのっちの電話」としたそうです。

政府の行なっている本家本元の「いのちの電話」は繋がらないことも多く、相談相手も匿名です。

「いのっちの電話」は坂口さんが行なっているので、かける側は相手のことがわかっている状態です。

自死を選んでしまう人は誰にも相談できない苦しみを抱えたまま亡くなってしまうのかなと思います。

解決はできなくても、もしそれを誰かに話すことができていたら救うことができていた命もあるのかもしれません。

 

本書で坂口さんは双極性障害Ⅱ型で自身も気分の浮き沈みがあることを告白されていました。

そのなかで死にたいという感情が起こるのは当然のことだし、そのエネルギーをプラスにもっていく方法を相談例を交えながら書かれているのが印象的でした。

わたしも双極子障害を患っていますがⅠ型です。

躁状態の振れ幅が大きく周りを巻き込み振り回すことがありました。

なかなか朝起きられないことは多いですが、そこまで深い鬱は数えるくらいしか経験していません。

それでも病名を告白することで相談を受けたりすることもありましたので自分も力になれたらいいなと思いました。

電話は苦手なのでまずは問い合わせからメッセージをいただけると幸いです。

 

坂口さんのように、ここまで愛をもって包んでくれる人であふれたらきっと自殺はなくなるんじゃないかと思いました。

近くの人こそ相談しにくい内容かもしれませんが、受けることがあれば全力で応えたいと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


川村元気『億男』を読んで、お金と幸せについて考える

致知2021年2月号 対談『七千人の小児の命を救う中で見えてきたもの』を読んで

関連記事

  1. 坂口恭平『躁鬱大学』(新潮社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 坂口恭平『自分の薬をつくる』(晶文社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP