雨の日も心を豊かに過ごす

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

雨は好きですか?

大雨のような嵐の日は流石に気分が滅入りますが、ちょっとの雨はむしろ好きです。

そんなお話をしていきます。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾(@shogogo0301)です。

春を感じる瞬間というのは色々あると思います。

札幌の桜はゴールデンウィークあたりなので春としてはちょっと遅い印象があります。

アスファルトの雪が溶けて自転車が乗れるようになったり、雪ではなく雨が降るようになってくると春だなとわたしは感じます。

 

先日、仕事が終わり職場を出るときに「外、雨降っているよ」と言われました。

雨というとどうしても気分が沈みがちになります。

関東に住んでいた経験がありますが、地域柄じめじめっとして嫌になるような梅雨を経験しなかったのでそこまでの苦手意識はもっていません。

それでも積極的に好きな存在とは言えない、それが雨というものです。

 

でも、最近は雨もそんなにいやなものではないなと思っている自分がいます。

それはお気に入りの傘を使えるからです。

いつもカバンに折りたたみ傘を入れていますが、たまにの雨でそれが使えると思うとなんだかちょっとうれしくなるのです。

 

きらいなことや苦手なことをちょっと何かとくっつけてみると案外視点が変わってくるんじゃないかと思います。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


神渡良平『人を育てる道』(致知出版社)

松浦弥太郎『仕事のためのセンス入門』(筑摩書房)

関連記事

  1. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 読書会で誰かの居場所をつくる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. ranunculus

    花の名前と花言葉

    花の名前と花言葉「新緑の候」という時候のあいさつがピッタリな季節に札幌も…

  4. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  5. 葉書を書けば人生が変わる

    葉書を書けば人生が変わる世の中にはいろいろなところで「〇〇をしたら人生が…

  6. 10連休は本を読もう!

    明日から世間は10連休ですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読…

  7. 気持ちのいい挨拶を心がける

    挨拶は大切ですよね、という当たり前の話を書いていきます。わたしは一人暮ら…

  8. 習慣にしたことは抵抗を感じるもの

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。抵抗…

Twitter でフォロー

PAGE TOP