質問箱で答えを考え思考をを育てる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

ここ最近続いてきた腰の痛さがだんだんと和らいできました。

腰が痛いとすぐに横になりたくなり、そのまま寝てしまい、生活リズムが変に崩れないように気をつけないといけないなと思う今日この頃です。

今日は質問箱について書きます。

質問箱で答えを考え、思考を育てる

質問箱ってご存知でしょうか?

匿名で質問や意見を送ることのできるサービスです。

きっかけが特にあったわけでもなく、なんとなくスタートしました。

そうしたらたまにというかほぼ毎日それこそ誰かは全くわからないのですが、質問をいただきます。

質問されると人はその答えを必死に探そうとします。

この脳の仕組みは私が主催する読書会でも使っています。

「札幌はどうして寒いんですか?」

と聞かれると寒い理由を一生懸命探すと思います。

誰もそもそも札幌は本当に寒いのか? とか、札幌より寒い地域はあるじゃないか? と考えることはないでしょう。

この場合「札幌=寒い」というのは前提条件になるわけです。

質問を与えてくれるというのはある種の前提条件を作ってくれるということなのです。

テーマフリーで本を紹介するだとか、自由にブログを書くというほうが実はハードルが高いことなのかもしれません。

ちなみに、質問箱、なぜか恋愛に関することが多い気がします。

なぞですけど一応答えてますので、興味のある方は覗いてみてください。

↓こちら↓

https://peing.net/ja/shogogo0301

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


東野圭吾『秘密』で、「二転三転大逆転」。

「#本棚の10冊で自分を表現する」ってなんだ?

関連記事

  1. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 文字にお金がかかったら、

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. ふたつの仕事

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  4. 休むのも仕事

    しばらく体調不良で仕事をお休みしていましたが、少しずつ短時間からですが復帰…

  5. わたしとブログのあるべき姿

    今日こそはブログを書こうと思いながら更新できない日々が続いていました。札…

  6. 一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

    一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る質問箱というサービスを利用…

  7. 座右の銘はなんですか?

    「座右の銘はなんですか?」と聞かれてパッとすぐに答えることはできますか?…

  8. 札幌ゼロ読書会1周年です!

    おかげさまで本日4月13日の読書会で丸1周年を迎えました。札幌で「本を語…

Twitter でフォロー

PAGE TOP