本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

テーマは人生哲学

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

今日は読書会を開催します。

テーマは人生哲学です。

生きるとはどう言うことなのか自分で理解を深めていけたらいいなと思っています。

リードフォーアクションの読書会は「本を読まない読書会」と良く言われています。

確かにその通りです。

ですが全く読まないかと言うとそう言うわけではありません。

本のエッセンスをその場で一気に吸収をするイメージです。

なので、脳みそをフル回転させるイメージで終わった後は結構頭を使った感じというか疲れます。

持参した本

さて、そんな人生哲学がテーマの読書会に際して、読んでいない本を使ってワークをしていくので、10冊ほど用意をして行きました。

このあいだの記事にも書きましたが、よりよく生きるとはどう死んでいくかを考えていくかと同じことだと思っています。

そこまでいかなくてもより良い人生を送っていく上で役に立つかもしれない本を選んでみましたので紹介します。

1.アソビくるう人生をきみに。 あんちゃ

2.より少ない生き方 ジョシュア・ベッカー

3.ゼロ 堀江貴文

4.モチベーション革命 尾原和啓

5.革命のファンファーレ 西野亮廣

6.空想教室 植松努

7.人生と仕事について知っておいてほしいこと 松下幸之助

8.ほんとうの味方のつくりかた 松浦弥太郎

9.自分の仕事をつくる 西村佳哲

10.自分の中に毒を持て 岡本太郎

まとめ

セレクトした本を眺めてみると、生き方というよりも働き方にスポットが当たっている感じは否めません。

それは今自分が社会人4年目になり色々と思うところがあるからなのかもしれません。気になった本は一度手に取ってみてもらえると嬉しいです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




note(掌編小説、日記など)もやってます!

音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


応援され、応援する読書会を目指して。

感謝することは当たり前のことに目を向けること

関連記事

  1. 挑戦に必要なものは?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 都合のいい読書術

    今日は久しぶりに本の紹介をしようかなと思います。読書会をやっている人のブ…

  3. くすみ書房・久住邦晴氏から学ぶ奇跡を起こすために…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. ふつうの人のストーリーに学ぶ〜福津京子『札幌人図…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、ビブリオセラピス…

  5. まぁりん『青い空と向日葵』〜今を大切にすること〜…

    2020年3月20日に開催しました、第5回ビブリオバトル@zoomで紹介した…

  6. 夏目漱石『硝子戸の中』から学ぶ死生観

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日…

  8. 川村元気『仕事。』、「仕事。」楽しんでいますか?…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP