君の膵臓をたべたい

第17回「本を語る読書会」で紹介した一冊です。
友人からのオススメをきっかけに手に取りました。

2017年夏に映画化もされていて、
そちらもオススメということだったので、
先に映画を観てから、小説を読みました。

映画と小説の違いを楽しみながら、
また、映画では表現できなかってであろう心情の裏側まで、
小説では知ることができたので、
興味のある方は映画から小説がオススメです。

驚くタイトル

びっくりするようなタイトルがつけられていますが、
読めば、このタイトルしかないとすっきりするでしょう。

クラスの中ではあまり目立たない図書委員を務める「僕」と
膵臓の病気になり余命宣告を受けながらも健気に生きている「彼女」が
中心となって織りなす青春小説です。

人生を変える経験

人生を変える病気というのはどれくらいの人が経験するのでしょうか?
わたしは良くも悪くも病気によって人生を変えられたと感じています。
それは死というものをとても身近に感じたとかそういうわけではありませんが、
進むべき舵取りが一気に変更されたような感じでした。

わたしの場合、精神の病でしたが、
ブレーキをかけられることがなかったら最悪の結果になっていたのかもしれません。
でも、今はこうして好きなことをしてなんとか生活をすることができています。

きっと彼女も病気の宣告を受けたときはすごい葛藤を受けたのだと思います。
でも、そこから立ち直り、自分の運命を恨まないと決めたからこそ、
「僕」と絆を深めることができ、
本当に大切なものを見つけることができたのだと思います。

まとめ

住野よる氏の小説は初めてでしたが、
とても印象に残るセリフが多く、
ドッグイヤーをつけながら読みました。
しるし書店に出品していますので、
興味のある方はぜひのぞいてみてください。

こちらから

しるし書店

(井田祥吾店)は「こちら」からどうぞ!

良かったらフォローしてください!

noteもやっています

画像をクリックすると「note」にとびます

読書会情報

自己紹介


第17回「本を語る」読書会開催報告!

本棚の10冊で自分を表現する

関連記事

  1. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。寒いのは得意ではあり…

  2. 本を読んだらまず実践する

    今日はわたしが本を読むときに大切にしていることについて書いていこうと思います。札幌で読書会を…

  3. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔しない生き方をする…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読書会をやってます、井田祥…

  4. 挑戦に必要なものは?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  5. わたしの座右の書〜自分の中に毒を持て〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  6. 夜の底が白くなった。

    川端康成「雪国」「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?」雪国 (…

  7. 小川洋子「博士の愛した数式」の感想です。

    私の自己紹介ページには過去の読書会で紹介した本をあげています。読書会が軌道に乗ってきた頃にこのブ…

  8. 読書の方法知りたくないですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の読み方は自由です。で…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP