君の膵臓をたべたい

第17回「本を語る読書会」で紹介した一冊です。
友人からのオススメをきっかけに手に取りました。

2017年夏に映画化もされていて、
そちらもオススメということだったので、
先に映画を観てから、小説を読みました。

映画と小説の違いを楽しみながら、
また、映画では表現できなかってであろう心情の裏側まで、
小説では知ることができたので、
興味のある方は映画から小説がオススメです。

驚くタイトル

びっくりするようなタイトルがつけられていますが、
読めば、このタイトルしかないとすっきりするでしょう。

クラスの中ではあまり目立たない図書委員を務める「僕」と
膵臓の病気になり余命宣告を受けながらも健気に生きている「彼女」が
中心となって織りなす青春小説です。

人生を変える経験

人生を変える病気というのはどれくらいの人が経験するのでしょうか?
わたしは良くも悪くも病気によって人生を変えられたと感じています。
それは死というものをとても身近に感じたとかそういうわけではありませんが、
進むべき舵取りが一気に変更されたような感じでした。

わたしの場合、精神の病でしたが、
ブレーキをかけられることがなかったら最悪の結果になっていたのかもしれません。
でも、今はこうして好きなことをしてなんとか生活をすることができています。

きっと彼女も病気の宣告を受けたときはすごい葛藤を受けたのだと思います。
でも、そこから立ち直り、自分の運命を恨まないと決めたからこそ、
「僕」と絆を深めることができ、
本当に大切なものを見つけることができたのだと思います。

まとめ

住野よる氏の小説は初めてでしたが、
とても印象に残るセリフが多く、
ドッグイヤーをつけながら読みました。
しるし書店に出品していますので、
興味のある方はぜひのぞいてみてください。

こちらから

しるし書店

(井田祥吾店)は「こちら」からどうぞ!

良かったらフォローしてください!

noteもやっています

↑クリックするとnoteにとびます

読書会情報

自己紹介


第17回「本を語る」読書会開催報告!

本棚の10冊で自分を表現する

関連記事

  1. 走る小説家、村上春樹氏の哲学書

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。第12回でわたしが紹介した本…

  2. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブルだ。

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。札幌で読書会をやって…

  3. 「本」の定義を考える

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。昨日話したこと昨日の勉強…

  4. 「目的のための手段におぼれるな」

    やりたいことを考えている瞬間がとてもワクワクするので好きです。美味しいものを食べている時もワクワ…

  5. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日々思っています。札幌…

  6. 挑戦に必要なものは?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  7. 秘密にしたい名作

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。第11回でわたしが紹介した本…

  8. 小さな習慣をつくる

    密かにブログを毎日更新するというチャレンジを続けています。札幌で読書会をやってます、しょうご…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP