永田希『積読こそが完全な読書術である』(イースト・プレス)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、本の紹介です。

紹介する本は、永田希『積読こそが完全な読書術である』(イースト・プレス)です。

あなたには買ったはいいものの読まずにいるいわゆる積読本はどれくらいあるでしょうか?

わたしは大体30冊くらいあります。

減らしたいなとは思いつつおもしろそうな本を見つけるとついつい買ってしまい、ここ最近はあまり減っていません。

そのような積読をすることに対して後ろめたさを持つ必要なんかない、というのが本書の主張でした。

そもそも積読にしているのは本に限ったことではありません。

観たい映画だってあるでしょうし、クリップしていて読んでいないウェブ記事もあります。

以前はNetflixを契約していたのでそこでも観たいけど観ていない動画がありました。

そうです。積んでいるのは何も本だけではないのです。

今の世の中は、いや昔から人が扱える情報の量と時間には限界があります。

そう考えるとそもそも積読になってしまうのは仕方がないことでもあります。

 

この本では、積読というのは読書の中にあるのではなく、積読の中に本を読むという行為が包まれているという関係を示しています。

ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』(ちくま学芸文庫)の内容が多く出てきますが、書いてあることを全て理解するというのは不可能なことです。

自分の経験などに照らし合わせて書いてあることを解釈しているにすぎません。

そう考えると今読むことよりも読みたくなったときに読める環境を整えておくことが大切なように感じました。

 

読みたいと思ったらとりあえず読書メーターに登録し、本屋さんで読みたいと思ったら購入する。

といった行動を取りたいと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


読書によって何を得たいのか?

第79回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

関連記事

  1. 正しい情報を見極めろ!『成功したければ本を読め!…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 齋藤孝『読書する人だけがたどり着ける場所』を読ん…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 『本は10冊同時に読め!』本を読まない理由をなく…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  4. 森信三『人生論としての読書論』(致知出版社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP