マインドマップ始めました

札幌は少しづつ寒くなってきたなと感じています。

足先も冷たくなってきたので、夜でも室内で靴下を履くようになりました。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

今日は個人的な新しい取り組みを始めてみている報告です。

それはズバリマインドマップです。

マインドマップとは?

マインドマップとはトニー・ブザン氏の発明した思考整理法の一つです。

カラフルに枝分かれした絵のような図を見たことはないでしょうか?

アイデアを生み出すのに使ったり、記憶するのに使ったり、色を多く使うので記憶から引き出すのにも便利だそうです。

目的は?

やってみようと思ったきっかけはわたしの上位にきている強みの資質である「内省」を生かすための方法になるのでは? と試したくなったからです。

ノートに直線的に文章を書き連ねていくモーニングページやジャーナリングも楽しいのです。

しかし、それをまとまった文章としてブログに書く場合はある程度の道筋がはっきりとしていないと結局何が言いたかったんだっけ? と迷子になってしまうことがあります。

そうならないためにも文章の全体像である地図がある必要があります。

そこでマインドマップを使ってみようと思ったわけです。

どうやって学ぶ?

大事なのはどうやって学ぶかではありません。

身につけるまでの過程が大事なのではなく、学ぼうと思った目的に沿っているかであり、目標に近づけているかです。

今は便利なアプリもあるのでそちらを活用してみることにしました。

セミナー等もあるようですが、まずは触ってやってみて、体験してからかなと思います。

習うより慣れる

こういう技術系のものを学ぶときに大切にしていることがあります。

それは学ぶもの、今回でいうとマインドマップです。

その学ぶ対象が良いものである、役に立つとと心の底から信じることです。

そして、それを身につけるために慣れるということです。

そういう意味では習うより、慣れろなのですが、なぜ良いものかを知るためには習う必要があります。

結構飛ばしやすい、そのものが開発された経緯や、開発者の思いを知っているとこれはすごいんだと信じることができます。

 

とは言っても一ヶ月後にどうなっているかはわかりません。

とりあえず、あらゆることの整理にマインドマップを使ってみて、思考の整理に役立てていきたいと思います。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


良い文章って?

第19回「本を語る」読書会@saloon 開催しました!

関連記事

  1. 勉強会に参加しました

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加しました。札幌ゼロ読書会の名前の…

  2. 自分にとっての名言を集める。

    今日は本を読んだ後のオススメの行動について書いていこうと思います。「本を…

  3. 本や講演会の「学び」を生かすにはベイビーステップ…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 文章を書くこととパンを作ること

    文章を書くことは料理をすることに似ているということを以前書いたかと思います。…

  5. 何気なく飲んだ水がおいしいと感じる人生を送りたい…

    人は言葉によって思考をめぐらす生き物です。もちろん感覚優位のかたもいらっ…

  6. 「読書亡羊」〜本を読むことより大切なことを放って…

    「読書亡羊」という四字熟語からあれこれ想像して書いてみます。「本を語る、…

  7. 時間は資産である

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 北海道若獅子の会2021年6月に参加をしました。…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP