別のことを考えながら読んでもいい

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

小説の楽しみはそのストーリーを味わうところにあります。

しかしそれだけが全てではありません。

その小説をきっかけに過去のことを振り返ることもあります。

読まなくても本棚に収まっているだけで良い雰囲気を醸しだしてくれる本というものもあります。

 

そのようなことを、山本善行 撰『上林暁 傑作小説集 孤独先生』(夏葉社)を読んで感じました。

夏葉社の島田さんのつくる本はどれもしっかりとしたもので見ているだけでも惚れ惚れとします。

勤務の休憩中に読んでいると「格好いい本だね」と言われました。

「古書善行堂」店主の山本善行さんが選者となり、上林暁さんの小説を編んだものです。

 

表題作の『孤独先生』を含む11編の短編小説で構成されています。

昔の言葉の影響なのか、私との相性なのか、読みながらもはっきりとした情景というものがなかなか思い浮かびませんでした。

しかし、読みながら色々なことを考えました。

特に印象的だったのは表題作の『孤独先生』です。

学校に一人はいるような名物先生について書かれているものです。

学生時代は多くの先生にお世話になりました。

授業よりもホームルーム等で言っていたことが今でもたまに思い起こされることがあります。

何を与えるかと同時にこれからも大切にすべき指針というものを教わったのだと読みながら考えました。

もう少し大人になったらまた読みたい一冊です。

そのときまでしっかりと本棚に収めておきます。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


言葉を心で感じる

第118回 読書会「本の話をしよう」@円錐書店開催しました!

関連記事

  1. 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』(文春文庫…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 【精神疾患の世界を覗いてみる】ニール・シャスタマ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 『タイヨウのうた』から得た「よりよく生きる」とい…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 川村元気『億男』を読んで、お金と幸せについて考え…

    第68回「本の話をしよう」で紹介した一冊は、川村元気さんの『億男』です。…

  5. 加納朋子『カーテンコール!』(新潮文庫)

    今回紹介する本は、加納朋子さんの『カーテンコール!』(新潮文庫)です。&…

  6. 本気は報われる

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  7. 中脇初枝『きみはいい子』(ポプラ文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. 夜の底が白くなった。

    今回取り上げる本は、川端康成『雪国』(新潮文庫)です。古典と呼ばれる作品…

Twitter でフォロー

PAGE TOP