小説

  1. ディケンズ『クリスマス・キャロル』を読んで考える翻訳作品への接し方

    本を一冊読み終えましたので紹介動画を撮ってみました。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書…

  2. 東野圭吾『ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人』から考えるコロナウイルス。

    2020年12月14日にオンラインで読書会を開催しました。そのときに、紹介した本がこちらの、東野…

  3. 芥川龍之介『鼻』から考える、コンプレックスへの接し方

    芥川龍之介『鼻』https://twitter.com/shogogo0301/stat…

  4. 伊坂幸太郎『SOSの猿』から考える、「想い」について

    伊坂幸太郎さんの『SOSの猿』を読み終えましたのでそこから考えたことについて書いていきます。「本…

PAGE TOP