角田光代『空中庭園』(文春文庫)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の運営をしています。

また、ブログ、SNSやポッドキャスト等の発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、角田光代さんの『空中庭園』(文春文庫)です。

2022年12月に東京神田神保町の共同本屋さんであるPASSAGEで購入しました。

棚ごとにオーナーが本を並べています。

最近はこのような形式の本屋さんも増えてきました。

機会があればわたしもやってみたいなと思います。

 

「何ごともつつみかくさず」がモットーの京橋家の人々が物語の主人公です。

それぞれにスポットが当てられた連作短編集となっています。

誰にでも大小は問わず秘密というものがあると思います。

わたしにも知られたくないことはあるでしょうが、それはなんだと聞かれると思い浮かばないです。

聞かれたことにすべて答えていたら秘密はないと言えるのでしょうか?

わたしはそうは思いません。

「ウミガメのスープ」に代表される水平思考クイズでも質問をいくら重ねても真実にたどり着けないということは多々あります。

でも、何が秘密なのかを答えるのかは容易ではありません。

しかし、そういう秘密こそが自分を生かしているものなのだと感じることもあります。

積極的に嘘をつく必要はありませんが、かといって起こった出来事をすべて話す必要もないですし、話さないという選択肢を相手に認めることも大切だと思いました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


三宅香帆『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』(集英社新書)

荻原浩『海の見える理髪店』(集英社文庫)

関連記事

  1. 高井浩章『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  2. 櫻井とりお『虹いろ図書館のへびおとこ』を読んで、…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  3. 文字が読めること、文章を味わうことができること

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 立川談四楼『ファイティング寿限無』(祥伝社文庫)…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. 原田マハ『生きるぼくら』(徳間文庫)

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  6. ?から!の大きさがミステリーの魅力

    旅のお供に本は欠かせません。移動中に没頭するように読み、たまに外の景色を…

  7. ディケンズ『クリスマス・キャロル』を読んで考える…

    本を一冊読み終えましたので紹介動画を撮ってみました。「本を語る、人と繋が…

  8. 吉田修一『おかえり横道世之介』(中公文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP