本を読むことは手段でしかない。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。

  読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

募集の案内はLINEでも行っています。

開催日の3週間前の月曜日8時を基本として配信しています。

よければ登録をお願いします。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、タイトルそのままなのですが「本を読むことは手段でしかない」ということについて書きます。

先日、このようなツイートをしました。

小説と映画の相性はいいですよね。

小説が原作となり映画化される作品が多いかと思います。

小説と映画だったらどちらを先に手にすることが多いでしょうか?

わたしは知ったのが先の方から取り入れるようにしています。

教えてもらったのが小説だったらそちらを先に読みますし、映画が先だったらそちらを先に観ます。

本が好きでも「映画がいいよ」と教えてもらったのにあまのじゃくのように小説からということはしていません。

どちらもいいよと言われた場合には映画から入るようにしています。

小説の醍醐味のひとつでもありますが、それは自分の頭のなかで自分だけの「画」を構築するところだと思っています。

ぼんやりとしたものでもこんなキャラクターがこんな感じで話しているのかなと想像したり、場面展開をイメージするのがおもしろいです。

原作に忠実であればあるほど、小説を読んでからの映画というのは「小説とどこが違うか」という確認作業になってしまいます。

そして、自分だったらこう描いていたと思ってしまうのです。

これが映画が先だったら小説で読んだときに描くことができなかった、気づくことができなかった間に気づくことができます。

話が逸れてしまいましたが、小説や映画が持つものはストーリーです。

それを得るための手段にはあまりこだわらなくてもいいんじゃないかと思っています。

参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

 

 

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


映画『テーラー 人生の仕立て屋』

『致知』(2021年9月号)を読んで

関連記事

  1. 問いのあるところに答えがある

    問いのあるところに答えがある今日で4月も終わりますね。ブログ記事の更…

  2. 自分の好きな本を紹介するとは

    一週間ぶりのブログになってしまいました。書きたい気持ちはモリモリとありま…

  3. いつも以上に、いつも通りに

    次回で読書会が100回目を迎えます。2017年4月に第1回目を開催しまし…

  4. 習慣化のコツは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 自分が見える世界だけでも幸せであればいい

    双極性障害という名称が双極症に変わることを知りました。統合失調症が精神分裂…

  6. 伏線の回収されない小説のような人生を送りたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 世界メンタルヘルスデーに思うこと

    本日、10月10日はメンタルヘルスデーだそうです。世界精神保健連盟が、1…

  8. 読書会に来てくれる方が本を出します。

    札幌は寒いです。毎回この書き出しにこれからなるのではないかという気さえし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP