本を読むことは手段でしかない。

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、タイトルそのままなのですが「本を読むことは手段でしかない」ということについて書きます。

先日、このようなツイートをしました。

小説と映画の相性はいいですよね。

小説が原作となり映画化される作品が多いかと思います。

小説と映画だったらどちらを先に手にすることが多いでしょうか?

わたしは知ったのが先の方から取り入れるようにしています。

教えてもらったのが小説だったらそちらを先に読みますし、映画が先だったらそちらを先に観ます。

本が好きでも「映画がいいよ」と教えてもらったのにあまのじゃくのように小説からということはしていません。

どちらもいいよと言われた場合には映画から入るようにしています。

小説の醍醐味のひとつでもありますが、それは自分の頭のなかで自分だけの「画」を構築するところだと思っています。

ぼんやりとしたものでもこんなキャラクターがこんな感じで話しているのかなと想像したり、場面展開をイメージするのがおもしろいです。

原作に忠実であればあるほど、小説を読んでからの映画というのは「小説とどこが違うか」という確認作業になってしまいます。

そして、自分だったらこう描いていたと思ってしまうのです。

これが映画が先だったら小説で読んだときに描くことができなかった、気づくことができなかった間に気づくことができます。

話が逸れてしまいましたが、小説や映画が持つものはストーリーです。

それを得るための手段にはあまりこだわらなくてもいいんじゃないかと思っています。

参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

 

 

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


映画『テーラー 人生の仕立て屋』

『致知』(2021年9月号)を読んで

関連記事

  1. のんびり、ぼんやりできる時間を大切に

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 学びは最高のエンタメだ

    家計簿をつけています。昔はお小遣い帳で残金と財布の中身が合わずに疑問を持…

  3. 夢からヒントを得る

    ブログネタに困らないようにこれは使えるぞと思ったら、リマインダーにメモするよ…

  4. こんな時間でも誰かが働いている

    気持ちよく朝目覚めることができるとそれだけで今日という1日を快適に過ごせるん…

  5. 問いのあるところに答えがある

    問いのあるところに答えがある今日で4月も終わりますね。ブログ記事の更…

  6. 西洋占星術のおかげで生きやすくなった話。

    今日はちょっとスピリチュアルなお話です。「本を語る、人と繋がる」をテーマ…

  7. ブログもステップアップしていきます。

    ゴールデンウィークに突入しましたが、札幌はあいにくの寒い雨が降っています。…

  8. やっぱり本を書きたい

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本が…

Twitter でフォロー

PAGE TOP