なるべく著者の近いもので教わる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

最近はYouTubeなどで本の書評や解説をされている方を多く見ます。

まとまっていてとても良いと思いますがそれだけで全てをわかったと思ってしまうのはもったいないと思っています。

ひとつは動画をつくった人のフィルターが通されています。

本で大事なエッセンスが詰まっているとはいえ、編集者の色眼鏡を通して伝えられているので著者の意図をそっくりそのまま伝えているということではありません。

著者の言いたいことを100とすると伝言ゲームのようにどんどんそこから変化して伝わってしまう可能性が高いです。

なのでいいなと思ったものに関しては直接その本に当たるのをおすすめします。

 

もっといえば本そのものも編集者がつくっているところもあるので、できればセミナーやなんなら直接お話を聞けるのがベストですね!

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


致知2021年3月号『体験的読書のすすめ』を読んで

2021年3月に読んだ本

関連記事

  1. 小説を人生にどう生かすか?

    小説を読み終わりました。いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいこと…

  2. 本を貸す前にしておきたいこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  3. 読書家におすすめ本を聞かない方がいい

    4月に入って体調のいい日が続いています。ちょっと調子のいい感じがずっと続…

  4. 自分が読みたいと思った本を読む

    一年間にどれだけの本が刊行されているかご存知でしょうか?統計局のデータに…

  5. 翻訳は文字の置き換えではない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  8. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP