おもしろいものは身近にある

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

コロナ禍での給付金の使い道を覚えていますでしょうか?

わたしはミラーレス一眼レフカメラを購入しました。

クリスマスプレゼントにカメラをお願いしたこともありました。

スマートフォンを手にしてからはそれで撮ることが多くなりましたが、やはり綺麗な写真を見るといいなと思います。

ただ何を撮ればいいかはなかなか悩むところがあります。

 

円錐書店で赤瀬川原平さんの『散歩の収獲』(日本カメラ社)を購入しました。

街中でのモノや風景に対してコメントが添えられている写真集です。

わたしは仕事が休みの日には朝散歩をしています。

そのときにカメラを携帯するようにしています。

そうするだけで実際に写真を撮らなくても面白いものはないかなと街を眺める視点が変わるように思うのです。

そしてそれらを表現する手法は写真だけである必要は必ずしもないのだと思いました。

短いキャプションであったり、そこから連想したことを書くのもいいかもしれません。

 

タイトルは「収穫」ではなく、「収獲」となっています。

写真を撮るというのは狩りをする感覚と似ているのかもしれません。

その狩りの場所はわざわざ遠くに出かけなくても案外身近にあるのだと思います。

どういう表現の仕方がいいかは考えていきたいですが、楽しむことを忘れないようにしたいです。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


リンゴはリンゴになればいい

はじめまして、井田祥吾です!

関連記事

  1. 写真の新たなおもしろさに気づく

    2023年12月21日に札幌文化芸術交流センターで行われたアーティストトーク…

  2. 何を撮るかを選んだ自分がそこにいる。

    今回紹介する本は、ワタナベアニさんの『カメラは、撮る人を写しているんだ。』(…

  3. コムロミホ+ナイスク『OLYMPUS PEN E…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. いつか会ってみたいナキウサギ

    プレゼントは基本的に何をもらってもうれしいものですが、やはり本をもらうとテン…

  5. どこでも生活している人がいる

    東京に住んだことはありません。ただ、両親が関東出身なこともあり度々訪れる…

  6. 林和美『写真生活手帖 実践編―大切な想い出の残し…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP